骨粗しょう症→骨はリンやカルシウムの無機質とコラーゲンのような有機質からなっています。この病気は骨質が粗くなる、つまり、

              ”す”が入ったような状態になる病気です。骨はもろく、骨折しやすくなり治療も困難になり脊柱の変形や腰背痛

                の原因になります。骨が軟らかくなり骨質の縮小もなく、骨折することもない骨軟化症とは違います。

              一般に65才以上の女性で痩せ型の人に多く、男性では80才を過ぎると急に発生率が高くなる。 その内容は

              脊椎圧迫骨折、橈骨遠位端部骨折、大腿骨頸部骨折などが多く見られます。症状は腰背部の重圧感、倦怠感、

              疼痛など、いわゆる慢性腰痛を訴えることが多くなりボケや寝たきりのきっかけになります。

              この病気になる要因としては、カルシウムの摂取量の低下や、老化や女性ホルモンの不足で吸収率の悪化等。

       食事療法のすすめ方

          @カルシウムを積極的に。ことに牛乳・乳製品は一緒に含まれているビタミンDや乳糖の作用で吸収が優れている。

           牛乳コップ1杯で約200mgのカルシウムが摂取できる。骨密度が最高になる20〜30才台に十分摂る事が大切です。

           健康時にはカルシウムの摂取量は1日に10mg/体重kgが目安とされ、約600mgが成人の所要量です。

           この病気の場合や閉経後の女性の場合は1,000mg以上を目安にするとよいでしょう。 

          AビタミンDは、腸壁でカルシウムの吸収をよくすると同時に、骨への沈着を亢進します。つまり、カルシウムと同時に

           ビタミンDも摂取する必要があるのです。ビタミンDはステロイドホルモンから体内で合成され、紫外線により皮下で

           活性型に変化します。日頃、太陽に当たる機会をつくることも重要です。

          Bたんぱく質は骨格の構成部分であると共に、不足すれば、カルシウムの吸収は悪くなり、一方、過剰だとカルシウム

           の排泄が亢進するので、適量を守る必要がある。たんぱく質食品として1日肉60〜80g、魚1切れ、卵1個、豆腐1/2丁

           くらいが目安量になります。

       注意点:この病気の原因はカルシウムの摂取量の不足と同時に胃腸障害(胃腸に負担をかけない)や運動不足にも要注意。

       食品選びの目安

          積極的に摂る食品→小魚、牛乳・乳製品  

          多めに摂る食品→緑黄色野菜、海草、大豆・大豆製品

          普通に摂る食品→ご飯、パン、めん、肉、魚貝、卵、野菜、芋、かぼちゃ、果物、油、砂糖、塩、しょうゆ、味噌、酢

                     香辛料、菓子

          控える食品→きのこ、コンニャク、アルコール飲料、カフェイン、炭酸飲料

                                                                                                                         戻る

       カルシウムを多く含む食品       

食品名 1回使用量(g) 目安量 目安量中の含有量(mg) 100g中の含有量(mg) 食品名 1回使用量(g) 目安量 目安量中の含有量(mg) 100g中の含有量(mg)
マイワシ(丸干し) 20 小1尾 280 1,400 干しあみ 10   180 1,800
脱脂粉乳(輸入) 20   260 1,300 小松菜 50   145 290
干しえび 10   230 2,300 ヨーグルト(含脂加糖) 100mℓ 1コ 130 130
脱脂粉乳(国産) 20   220 1,100 プロセスチーズ 20   126 630
煮干 10   220 2,200 生あげ 50 小1枚 120 240
普通牛乳 200mℓ 1本 200 100 凍り豆腐 20   118 590
加工乳(普通) 200mℓ 1本 200 100 切干大根 20   94 470
         

ひじき(乾燥)

5   70 1,400