痔→三つのタイプがある。    

     1.肛門の周辺にある血液の循環が悪くなり、肛門にうっ血をおこし膨らんだのが痔核(いぼ痔)ともいわれる

     2.糞便中の細菌が体内に侵入し、炎症をおこし、ひどくなると化膿します。痛く発熱もします。おできが破れると膿が出て、

        痛みや熱はとれるが、あとに管が残り、これが痔ろう。細菌の侵入口が残っているので、感染しやすく、再び化膿し、腫れる

        ということを繰り返します。

     3.固い便を無理して排便する際に肛門が切れ外傷ができる。これが痔裂で、一般に切れ痔とかさけ痔と言われるものです。

    治療方法→1.痔核:急性期には急所を清潔にして、座薬や軟膏で、腫れや痛みをとる。根本的な治療には痔核の除去手術が

                  行われる。

           2.痔ろう:根本的には、細菌の入り口と出口を切除する手術を行います。

           3.便を軟らかくして肛門の列創を防ぎ、そして、軟膏をつけ、毛細血管の血液循環をよくするために、ビタミンEを

             投与します。 

    食事療法のすすめ方(上記の治療方法の補助的方法として)

      @便秘ぎみだと、排便時にいきむことになり、これが腹腔内圧を高め、一時的に静脈瘤の流れは止まります。痔核は血液

         うっ血が原因なので、いきみはうっ血を憎悪させることになり、固い便を無理して出そうととすると痔裂を悪化させます。

         逆に便がやわらか過ぎて、下痢状態だと細菌の侵入がおきやすく、痔ろうの場合に不利になる。便は固くも軟らかくもない

         いわゆる快便がよい。

      A便通をよくするには、食物繊維の摂取量を多くします。穀類、野菜、きのこなどに多い水に溶けない食物繊維は便量を多く

         し、果物、海草、コンニャクなどに多い水に溶ける食物繊維は水を包み込み便を軟らかくします。これらを積極的に摂ります。

      B若い女性に多い、便秘→痔裂は、ご飯の摂取量が少な過ぎるからです。ご飯に含まれるでんぷん質の一部、レジスタント

         スターチといわれる不完全消化で、食物繊維的役割をします。    

    注意点:便意のたびに痛くなると、神経質になり、食べなくなってしまう人がいるがこれは、食物が入らないと便量が減少し、腸内に

         留まる時間が長くなり、便秘気味となり、症状をかえって悪化させます。

      積極的に摂る食品→海草、きのこ、コンニャク

      多めに摂る食品→ご飯、大豆、大豆製品、野菜、いも、かぼちゃ、果物、牛乳、乳製品

      普通に摂る食品→パン、めん、肉、魚貝、卵、脂、砂糖、塩、醤油、味噌、酢、菓子、カフェイン、炭酸

      控えたい食品→香辛料、アルコール                       戻る