食道静脈瘤→食道の粘膜下、血液が静脈内に長期うっ滞し、その結果、静脈自体が蛇行・拡張し、更に静脈の壁

                                が肥厚している状態をいう。

     食事療法のすすめ方

       @出血中は絶食とし、点滴や静脈栄養により、栄養を補給します。

       A出血が止まったら、流動食から粥食に移行し、徐々に固さを増してゆき、食道を通りやすいように食物の大

                        きさにも注意が必要です。

       B出血がない場合は、肝硬変に対する食事療法を中心におこないます。この場合、非代償性肝硬変が殆どな

                         ので、蛋白質の量や質には十分注意します。特に意識障害がある場合は、血中アンモニアの上昇を防ぐ為

                       に、出来るだけ蛋白質は制限します。便通を良くしておくことも必要です。

       Cよく噛んで食物をできるだけ細かくし、食道を圧迫しないようにします。ゆっくり、よく噛んでその後に飲み込

                         むトレーニングをすると良いでしょう。

          食品選びの目安 

    積極的に摂る食物→お粥、砂糖

     普通に摂る食物→パン、めん、挽肉、魚(煮魚か刺身)、卵、豆腐、いも、かぼちゃ、果物(缶詰めかジュース)、

                                           牛乳・乳製品、塩・醤油・味噌、酢、菓子(やわらかいもの)               

     控えめに摂る食物→大豆、納豆、野菜、油、香辛料                                                                      

     禁止食品→海草、きのこ、こんにゃく、アルコール飲料、カフェイン・炭酸などの飲料                                戻る                                                             

 

    六つの基礎食品群

商品の種類 食品の例 第一義的に取れる栄養素 副次的に取れる栄養素

1群

魚・肉・卵 魚、貝、以下、たこ、かに、かまぼこ、ちくわ、牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、ソーセージ、鶏卵、うずら、卵 たんぱく質

肉類は脂肪

豚肉はビタミンB1

レバーは鉄分

脂肪はビタミンA,B2

大豆 大豆、豆腐、納豆、生揚げ、がんもどき

大豆・大豆製品

2群

牛乳・乳製品 牛乳、スキムミルク、チーズ、ヨーグルト カルシウム 牛乳・粉乳はビタミンB群
骨ごと食べられる魚

めざし、わかさぎ、しらすぼし、(海草も含む)

3群 緑黄色野菜 にんじん、ほうれん草、こまつな、かぼちゃ

カロチン(ビタミンA)

ビタミンC

4群

その他の野菜 大根、白菜、キャベツ、きゅうり、トマト

ビタミンC

野菜はカリウム、カルシウム

果物 みかん、りんご、なし、ぶどう、いちご

5群

米、パン、めん 飯、パン、うどん、そば、スパゲッチ 糖質 七分ずき米、胚芽米、芋類はビタミンB1
サツマイモ、じゃがいも、さといも(砂糖、菓子など糖質の含量の多い食品を含む)

6群

食用油・バター・マーガリン 天ぷら油、サラダ油、ラード、バター、マーガリン(マヨネーズ、ドレッシングなどを含む) 脂肪 バター、強化マーガリンはビタミンA