便秘は男性より女性に多い症状です。また若年層より高齢層に多いのも特徴で、70歳以上では男性にも便秘の人が増えてきます。

これは加齢とともに内臓機能が低下し腸の蠕動運動が弱まり、便を作り、出す力が衰えるからです。さらに運動不足による筋肉・腹筋の

衰えも関係しています。そして水分や食事量、油の摂取量が少なくなるのも原因としてあげられます。お年寄りの中にはトイレが近くなる

からと水分を控える人がいますが水分を十分にとることが便秘予防には大切。同時に必要なのが食物繊維。水分だけ摂っても大腸が

フルに働いて吸収してしまいます。食物繊維は水分を吸収し、便を柔らかくし、便の量を増やして出やすくしてくれます。

また年を取るとさっぱりしたものを好むようになり油が不足しがちに・・・。適量の油は腸での潤滑油となり便を出やすくしてくれます。

便秘の治療はあくまでも食事と生活の改善が基本です。しかし腸の中に排せつ物が滞った状態が長く続くと苦しいばかりでなく、体に様々な

害をもたらします。つまり健康を保つには毎日の「快便」が大切なのです。そこで頑固な便秘で悩んでいる方は便秘薬を飲んで排便を促す

のも一つの手段です。

中高年の便秘の悩み

大腸年齢チェック表

便秘の症状がある人(年齢別・性別

 便秘気味である

 量が極端に少ない

 ドロドロ(下痢)、コロコロしている

 便が硬くて、ストンストン出ない

 便の色が茶褐色や黒っぽい

 おならや排便後の臭いがきつい

 運動不足、腹筋の弱さを自覚している

 便がそこまで来ているのに出ない

 残便感がある

チェックが多いほど大腸年令は高く、腸内環境が乱れている
  

便秘薬の服用は夜寝る前に飲むのが理想的。なぜなら私達の消化管のうち消化吸収を行う胃や小腸は昼間働き、便をつくる第兆は主に夜間に働きます。つまり便秘薬は寝る前に飲んで

おくと寝ている間に下部消化管に運ばれ、ほどよい硬さの便が作られ、翌朝スムーズに排便が行われるという仕組みになっているのです。

✱快便のための3つの法則

✦食物繊維たっぷりの食事・・・・・消化されずにそのままま排泄される食物繊維は便の主原料のひとつ。便の容積を増やして第兆を刺激し、便通を促す。

       食物繊維を多く摂るには、野菜は生で食べるより火を通したほうが、かさが減ってたくさん食べられます。おやつはスナック菓子より果物を食べましょう。

✦腹筋を強くする為の運動・・・・・長年便秘に悩んでいる人に共通しているのは、腹筋の弱さ。特に高齢になればなるほど弱まってしまいます。

       ✧仰向けに寝て両膝を約90度に曲げ両腕は胸の前で組む   ✧両肩を床から上げて臍を覗き込むように7秒間維持する。

✦お腹をマッサージ・・・・・便秘の人のお腹は血行が悪く冷たいのが特徴。お腹を温めると便秘が改善し、自律神経を整える効果がある。

       蒸しタオルでお腹を温め、お臍を中心に「の」の字を描いてマッサージ。うつ伏せになって腰をマッサージしてもらうのも効果的です。

✶中高年の便秘を改善「ラクシ―スルーS」この成分が腸内で水分を吸収し、相当の量に膨らんで大腸を刺激し排便を促す。寝る前の服用で、翌朝自然に近いお通じで腸内をすっきり。

女性の癌死亡率第1位は大腸癌、男性は第4位。大腸癌による死亡数は男女とも20年前の約2倍に増加している。腸内環境が乱れていればリスクは高まります。