ビタミン欠乏症と過剰症→ビタミンとは、体内に微量存在し、体内で不足状態の為、食物から摂取しなければならない

            有機化合物です。同じような働きをするものにホルモンや酵素があるがこれらは体内で合成されるのでビタミンとは

            区別される。ミネラルも同様の働きをするが、体内で合成できないが無機質なのでビタミンとは異なります。

            ビタミンには●脂溶性ビタミン・・・ビタミンA,D,E,K 

                                           ●水溶性ビタミン・・・ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC

                         全てのビタミンに欠乏症や過剰症があるわけではない。欠乏し易いビタミンはビタミンA,D,E,B1,B2,ナイアシン、Cなど。

      ビタミンA:ビタミンAはレチノールともいわれ、視力と関係した働きをします。欠乏は光への反応がにぶくなり鳥目、失明も。

            皮膚の乾燥で鳥肌、気管支炎や胃炎の原因にもなります。過剰症には高カロテン血症、神経炎、脱毛、皮膚の荒れ

      ビタミンD:このビタミンはカルシウムとリンが小腸から吸収されるのを促進すると同時に、骨や歯に沈着させる作用を持つ。

            欠乏は骨の成長が悪くなる。子供はくる病、成人では骨軟化症の原因となる。過剰は多尿、下痢、頭痛、吐き気等。

     ビタミンE:酸化を防ぐ作用が強いビタミンです。欠乏はリノール酸やイコサペンタエン酸、ビタミンAの生理作用が低下する。

     ビタミンK:血液の凝固に関係したビタミンです。欠乏は出血しやすくなり、止まりにくくなります。

     ビタミンB1:糖質は体内で分解され、エネルギー源になっていくがその過程でこのビタミンが必要となる。欠乏は脚気、筋肉の

            萎縮や筋肉痛、むくみ、疲労感、動悸、息苦しさ、食欲不振、下痢など。 過剰症は見られない。

     ビタミンB2:体内の酸化過程で重要な働きをするビタミンです。欠乏は口角炎、口唇炎、舌炎、皮膚乾燥、角膜炎、粘膜炎

     ナイアシン:ニコチン酸とも呼ばれB2同様、細胞内での酸化過程に必要なビタミンです。欠乏はペラグラという皮膚症状を

            起こす。皮膚の露出部に紅疹、水泡、角化などが現れ、ヒリヒリとした痛みを訴えます。  過剰症は見られず。

     ビタミンC:体内での酸化還元反応に関与している。細胞間の結合組織であるコラーゲンの生成や副腎皮質ホルモンの

           生成にも重要な働きをしています。 欠乏は壊血病で出血しやすく、手足の痛み、脱力感、貧血の発生など。

    食事療法のすすめ方

       @ビタミン含有量の多い食品の摂取と同摂取不足。

        ●ビタミンA・・・レバー、卵黄、バター、緑黄色野菜、柑橘類  植物性食品に多いカロテンは体内でビタミンAと同じ働き。

           同不足・・・食欲不振、発育不全、皮膚の乾燥、粘膜の角化        成人の所要量:約2,000IU

        ●ビタミンD・・・肉類、レバー、魚類、牛乳・乳製品の脂肪に多く含まれる。日光に当たって活性型ビタミンになる。

           同不足・・・不機嫌、食欲不振、下痢、発汗過多、発育障害                  成人の所要量:約100IU

        ●ビタミンE・・・小麦杯芽、納豆、果物、野菜、種実類、植物油などに多く含まれる。          成人の所要量:約7〜8mg

        ●ビタミンK・・・小麦杯芽、植物油、緑黄色野菜に多く含まれる。        成人の所要量:不定    

        ●ビタミンB1・・・胚芽、米ぬか、肉、緑黄色野菜に多く含まれる。        成人の所要量:約1mg

           同不足・・・食欲不振、全身倦怠感、しびれ感、動悸、息切れ、むくみ

          ●ビタミンB2・・・レバー、牛乳、卵、緑黄色野菜に多く含まれる。                  成人の所要量:約1.2mg

           同不足・・・全身倦怠感、疲労感、無力感、角膜周辺の充血、口唇炎、口内炎

        ●ナイアシン・・・肉、レバー、魚、ピーナッツなどに含まれる。                      成人の所要量:約15mg

           同不足・・・顔、首、手足、など露出部分にの皮膚に紅班、口内炎

        ●ビタミンC・・・果物、野菜、芋                                                              成人の所要量:約50mg

           同不足・・・全身倦怠感、脱力感、食欲不振、皮膚の乾燥

    食品選びの目安

       多めに摂る食品→肉、魚貝、卵、野菜、緑黄色野菜、いも、かぼちゃ、海草、きのこ、コンニャク、牛乳・乳製品、油

       普通に摂る食品→ご飯、パン、めん、大豆・大豆製品、果物、砂糖、塩、しょうゆ、味噌、酢、香辛料

       控える食品→貸し、アルコール、カフェイン、炭酸飲料

                                                           戻る