1997年糖尿病実態調査で「糖尿病或いは糖尿病の可能性を否定できない人」が1,370万人から5年後の2002年同調査では1,620万人と急激に増加している。

実に国民の10人に1~2人の人が糖尿病患者である可能性が指摘されたわけです。患者の多くは肥満やストレスが引き金となって発症するといわれている2型糖尿病です。

肥満や遺伝的要因によって、インシュリン抵抗性(ホルモンの感受性低下で細胞に血中のグルコースを取り込めなくなる状態)が起こり行き場を失ったグルコースが血液中に

あふれている状態(高血糖状態)が慢性的に続き、合併症など様々な傷害をきたします。1型糖尿病はインシュリンを分泌する膵β細胞が破壊されて、インシュリン自体が

絶対的欠乏状態に陥ったものです。糖尿病高血糖は無自覚に進行することが多く、口渇感や多汗・多尿などの自覚症が見られる頃には、病状はかなり進行している可能性がある。

高血糖状態が長く続くとやがて神経障害、網膜症、腎症や動脈硬化症など様々な合併症を発症します。さらには心臓病、脳卒中に罹患します。

∘治療はⅠ型では定期的なインシュリン注射でインシュリンを供給します。2型はインシュリン注射は必要でなく、まず第一段階は摂取エネルギーのコントロールを中心とした

食事療法と、エネルギーの消費と高血糖の改善を主目的とする運動療法が第一選択となります。これでうまくいかぬ場合は薬物療法となるが慎重に決められるべきものです。

✤血糖値の維持を目的とする食品

糖尿病境界線にいる人々(予備群)は殆ど自覚症状がないことから、健康診断などで指摘を受けるまで見過ごされることが殆どです。予備群のときは食事や運動もセルフケア

の段階です。そこで登場したのが「血糖値が気になり始めた方」のための特定保健用食品です。いずれも消化管からの糖の吸収を穏やかにして、血糖の上昇を抑えることにより、

糖尿病などの生活習慣病の危険因子を低減させる目的の食品です。これらは血糖値上昇抑制成分を含んだお茶や清涼飲料水などの飲料、粉末スープ、即席みそ汁、豆腐、

テーブルシュガー、包装米飯、食物繊維加工食品などの形態で提供されています。この種の食品は急速に拡大し、トクホの中でも98品目が発売されている。

✦これらの機能成分はいずれも、食事として摂取した糖質の小腸における吸収速度を緩慢にし、血糖値の急激な上昇を抑制する。これにより、インシュリンの分泌量を低下させ、

膵臓をを保護して、糖尿病のリスク低減効果を生み出すものと考えられています。

∘難消化性デキストリン(食物繊維)を成分とする清涼飲料水、即席みそ汁、発酵乳、緑茶など。・・・・・表示内容は糖の吸収を穏やかにし血糖値の気になり始めた方に役立ちます。

∘グァバ葉ポリフェノールを成分とする清涼飲料水・・・・・                                            同上

∘小麦アルブミンを成分とする粉末スープ・・・・・                                                 同上

∘L-アラビノースを成分とするテーブルシュガー ・・・・・                                             同上

豆鼓(トウキ)エキス中国の伝統的発酵食品の抽出物で粉末清涼飲料・・・・・                              同上

上記食品は食事の直前や食事中に摂取しなければ期待する効果は得られません。食間や空腹時に摂取しても意味がない。そして糖尿病の病態を改善するものではない。 

血糖値が境界型の方たちの糖尿病の発症リスク軽減を目的、効果的に使用する食品です。また経口血糖降下剤との相互作用が否定できないことで低血糖を起こす可能性もある。

血糖値の維持を目的とする食品は、摂取に際し、適切な栄養指導を必要とする特定保健用食品と考えられます。

保健機能食品

血糖値の維持を目的とする食品

糖尿病