レスべラトロールの秘密

癌に強くなる! 糖尿病に強くなる!
心疾患に強くなる! 放射線障害に強くなる!
脳梗塞に強くなる! 女性の肌が若返る!
認知症に強くなる! 男性の体が若返る!
  

  ☆癌に強くなる! ― 1997年、マウス実験でレスべラトロールが皮膚癌を98%抑制すると発表。

  日本人の死亡原因の第1位は癌。男性では肺癌、女性では胃癌がトップです。主に遺伝子の突然変異によって発生するほか、喫煙、紫外線、飲酒、食生活や

  ストレスなどの生活習慣との関連、ウイルスや細菌による感染、乳癌は女性ホルオン「エストロゲン」、子宮癌はホルオンバランスの乱れ等が原因。

  ☆心疾患に強くなる! ― レスベラトロールには、虚血性心疾患の原因となるLDL-コレステロールの酸化を遅延させる働きがあると言われる。

  心疾患は生活習慣病の一つで、メタボリックシンドロームの人は、心疾患にかかるリスクが高くなります。心臓に酸素や栄養を運ぶ冠動脈にコレステロールや

  血栓が蓄積されて発症する心筋梗塞は、胸部に痛みがあり、発作が30分以上続くと、心臓のポンプ機能の低下で全身の血量が減り、心不全を起こし死に直結。

  ☆脳梗塞に強くなる! ― レスベラトロールには、動脈硬化につながるLDL-コレステロールの酸化、血栓の蓄積を遅延させる働きがある。

  日本人の死亡原因の第3位は、脳卒中。中でも脳梗塞は、脳の血管が詰まって酸素や栄養が行き渡らず、脳の組織が部分的に死んでしまう病気。

  脳梗塞は動脈硬化で加齢と共に確実にリスクが高まり、発作は突然で、麻痺傷害、言語障害、平衡障害の症状が現れ、後遺症が残りやすい。

  ☆認知症に強くなる! ― 2011年、マウス実験で、レスベラトロールが神経細胞を活性化し、記憶力向上につながることが判明。

  認知症は老人ボケとは異なり、判断や理解に障害が残り、日常生活に支障をきたす。65才以上で10人に1人は発症すると言われ、アルツハイマー型認知症は

  脳に炎症が起きて神経細胞が死滅するもので、知能の低下、記憶障害、性格の変化、徘徊、被害妄想などの精神障害が現れる。

  ☆糖尿病に強くなる! ― 糖尿病には、適切な食事療法、運動療法のほか、レスベラトロールによるサーチュイン活性化作用が有効と報告されている。

  糖尿病は、インシュリンの不足で慢性的に血糖値が高くなる病気です。生活習慣が主な原因で、進行すると様々な合併症を引き起こす危険がある。

  ☆放射線障害に強くなる! ― 2008年、マウス実験でレスベラトロールに放射線障害の予防や改善の為の分子が含まれることが発見。

  目に見えない放射線物質を相手にいかにに放射線障害を防ぐかは、現代の日本人にとって最大の関心事です。

  ☆女性の肌が若返る! ― レスベラトロールには、酵素を活性化し、テロメアDNAという染色体に作用して、細胞分裂の寿命を延ばす働きがある。

  加齢と共に肌の潤いや若々しさがなくなっていくのは、皮膚細胞の新陳代謝に乱れが生じるためです。これを整えることで若さは保てる。

  ☆男性の体が若返る!― 2010年、ラット実験でレスベラトロールのED改善効果が認められた。また、薄毛改善や発毛効果の発表されている。

  日本の成人男性4人に1人がED(勃起障害)に悩んでいると言われている。生活習慣やストレスが関わっているようで発症リスクは年々高まっている。