「体の毒」を出し切るコツ

 ✤体内に滞った毒が水が毒に変わる。水毒がむくみ、冷え性、自立神経失調症、アレルギーを呼ぶ

様々な不快症状を呼ぶ水毒を溜めない基本の習慣4ヵ条 便秘を改善、むくみを取って代謝を高める「トマト酢ジュース」
「梅干の仁」は血液とリンパ液の流れを改善して体内の毒を出す 「小豆ココア」は体の水はけを良くする最適の組み合わせ
シトルリンとポリフェノールで毒素を排除する「スイカの煮汁」 排出・排便をスムーズにする「トウモロコシのヒゲ茶」
「温キューリ」にすれば利尿作用がますますアップ 尿の出が良くなりむくみもスッキリ「足首トントン」
残尿感、むくみ、ダイエットに効く「生ゴマ酢とうがらし」 10〜20秒の強めの「指先刺激」で血流や発汗が促進される
無駄な水分を尿ですっきり出す「シソラッキョウ」 「山椒のツボ貼り」で体内の余分な水を排出して快尿・快便
下半身のむくみの原因になる水毒をスムーズに排出する「小豆の赤汁」 黒酢の豊富なミネラルとアミノ酸が体内の毒素を一掃する「黒酢足湯」
むくみとり、冷えとりの特効薬「生姜紅茶」 「麺棒マッサージ」で尿や汗からぐんぐん毒素を排出

  ❈様々な不快症状を呼ぶ水毒を溜めない基本の習慣4ヵ条

  水毒は、体に溜まった余分な水分です。この水分が、いわゆる”むくみ”となります。更に、水毒が恐ろしいのは、水には体を冷やす作用があること。

  体が冷えると、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまうのです。この他、鼻炎や頭痛、アレルギーなどにも、水毒がかかわっています。

  しかも、水毒は、日々溜まっていくもの。この水毒を溜め込まない為には、毎日の生活の仕方が重要です。簡単にできる生活法を紹介します。但し、

  次のような人は病院へ!・朝からひどくむくむ 日中、殆どトイレに行かない 夜になると急に尿の量が増える 1日のうちに1.5kg以上体重の増減がある。

  1.ふくらはぎをモミモミする:ふくらはぎは心臓から送られた血液を、上へ押し戻す体のポンプ。「第2の心臓」とも呼ばれるこのふくらはぎを、下から上へと

  なでたりもんだりすれば、血行の促進ができ、下半身に余分な水毒が溜まりにくい。つま先の曲げ伸ばし運動や、青竹踏み、ウオーキングも効果的。

  2.毎朝1杯の硬水を飲む:硬水とは、カルシウムやマグネシウムを多く含む、硬度1以上の水。体内への吸収率が低く、便通を促し、体に水毒を溜まりにくくする。

  3.朝に起きて夜は寝る:当たり前のことだが、むくみ・水毒の予防の重要なポイント。体内の水は、循環しながら血管と外の細胞の間を行ったり来たりして

  いるが、夜きちんと睡眠をとらないと、外に出た水分がリンパ管に戻らなくなり、むくみの原因になる。

  4.「カリウム」の入った食品を摂る:海藻、バナナ、リンゴ、スイカ、とうがん、小豆、トウモロコシなどの食品に豊富な「カリウム」。体に水を溜め込む

  ナトリウムと拮抗して働き、余分な水分を尿や汗として排出。神経の働きを正常に保ったり、高血圧を下げる酵素を増やす作用も。

  ❈「干の仁」は血液とリンパ液の流れを改善して体内の毒を出す

  梅は、日本や中国では昔から、実から花、葉まで様々に加工され、食用だけでなく、漢方薬や民間薬として利用されてきました。「梅は食うともさね食うな。

  中に天神寝てござる」と言うことわざを聞いたことがあるでしょうか?梅肉を食べた後に残る種の殻を割ると、中にアーモンドのような、薄皮に包まれた、

  柔らかい実が入っています。これが梅仁で、俗に天神様とも呼ばれているものです。梅仁には、様々なミネラルのほかに、体内で分解されると微量の青酸を

  生じるアミグダリンと言う成分が含まれています。これが体の組織の新陳代謝を高め、解毒作用や消炎作用、癌の予防などにも効果を発揮します。体を健康に

  保つために欠かせない、血液とリンパ液の流れを改善して老廃物を排出する作用もあり、これが梅仁が生薬として古くから使われている理由の1つです。

  塩漬けにした梅干や、市販の加工された梅仁には、青梅にあるような毒性はなくなっているので、1日10個までなら全く問題なく食べられます。

  「梅干の仁」の取り方

  用意するもの:果肉を綺麗に取り除き、乾かした梅干の種   ペンチ(くるみ割り)   トンカチ   ビニール袋

  殻の割り方:1.梅干の種を、飛び散らないようにビニール袋などに入れ、くるみ割りやペンチで割る     2.仁をつぶさないように袋の上からトンカチで

  たたく(袋は密閉しない)。薄皮に包まれた仁を取り出す。塩味がしみ込み、そのまま食べても美味しい

  <どうやって食べる?>

  1日2個、薄皮ごと良く噛んで食べる   風通しのいい場所に天日干しして粉末にする   粉末の仁と果肉を混ぜてペーストに。