脳が若返る食事

  ◎ココナッツオイルを使ったケトン食レシピ(2)

ココナッツオイルコーヒー キノコとシソ大葉の豚肉巻き
ステイックサラダ ゴマデイップ添え 肉そぼろのレタスポート
インゲンのアーモンドスライス和え 鶏肉団子のスープ
チーズ入りオムレツ 白身魚とホウウレン草のチーズ焼き
レインボーフーズのミネストローネ ビジタブルスープカレー
鮭のカレー風味焼き

  ◯ココナッツオイルコーヒー | ドリンクに入れるだけ

  「材料」 一人分  ・温かいコーヒー(または紅茶)・・・カップ一杯  ・ココナッツオイル・・・大さじ1~2

  ここからは、ココナッツオイルを日常の食事に取り入れるアイデアをお伝えします。どれもおいしく簡単ですから、是非試して下さい(ステイックタイプのもの(一本13g程度)

  だと使いきりができ、利用しやすい) 「作り方」 ①朝起きてすぐに温かいコーヒーにココナッツオイル大さじ1~2杯入れます。

  ココナッツオイルをとるのに一番手軽なのは、ドリンクに混ぜることです。ブレンダーデ撹拌すると、カプチーノのようになります。この時、砂糖は入れません。血中に

  ブドウ糖があると、ココナッツオイルがケトン体に変わるのを妨げてしまうからです。トランス脂肪酸が入っているコーヒークリームも入れないようにします。炭水化物と糖分

  を控えてココナッツオイルをとるのが、上手にケトン体を使うポイントです。3時間ほど経つと食欲も抑えめになり、頭がすっきりして思考スピードが速くなっと感じるように

  なるでしょう。ココナッツオイルの香りに慣れてきたら、少しずつ量を増やします。

  ◯ステイックサラダ ゴマデイップ添え  | ドレッシングに混ぜるだけ
  
  「材料」 二人分  ・キュウリ、ニンジン、大根、セロリ・・・適量   (デイップ) ・市販のごまだれ(またはお好みのドレッシング)・・・大さじ3  ココナッツオイル・・・中さじ1

  「作り方」 ①キュウリ、人参、大根、セロリ等お好みの野菜を適量、ステック状に切る。 ②市販のごまだれにココナッツオイルを混ぜて、野菜をつけやすいカップに入れる。

  コーヒーと同じ様に、ごまだれに混ぜるだけなので扱いやすく、野菜の爽やかさも手伝って食べやすい一品です。ココナッツオイル独特の香りが気になる人もいるでしょう。

  お好みのドレッシングに混ぜると、香りが気になる人もいるでしょう。お好みのドレッシングに混ぜると、香りが気にならなくなります。ココナッツオイル少量から始めて、少し

  ずつ増やしていくようにします。食事のはじめに、まず野菜を食べるようにしましょう。ココナッツオイルの効果で食欲が抑えられ、血糖値の急上昇も抑えることもできます。

  脳にとっと良いことばかりでなく、ダイエットにおすすめの食べ方です。

  ◯インゲンのアーモンドスライス和え

  「材料」 二人分  ・インゲン・・・10本 ・スライスアーモンド・・・5g ・ココナッツオイル・・・大さじ1 ・塩ごしょう・・・少々

  「作り方」 ①インゲンの両端を切り落とし、5cmほどの長さに切ります。鍋のたっぷりのお湯を沸かし、インゲンを入れて茹でまあス。

  ②フライパンにココナッツオイルとスライスアーモンドを入れて、きつね色になるくらいまで軽く炒ります。

  ③フライパンの火を止めて、インゲンを入れ、スライスアーモンドと軽く混ぜ合わせます。塩こしょうを振って味を調え、お皿に盛りつけます。  

  敷き油の代わりにココナッツオイルを使う料理です。ココナッツオイルでアーモンドオイルを香ばしく炒り、アーモンドの香りのついたオイルを温野菜に絡めるだけの簡単な

  料理ですが、意外に後を引くおいしさです。野菜ではブロッコリーやカリフラワー、アスパラガス、キノコ類でもいいでしょう。季節の野菜からお好みの物を選んで下さい。

  アーモンドの香ばしさがココナッツオイル独特の香りを抑えて、とても食べやすくなります。