40才からは食べ方を変えなさい!

  ◎10才若返る食べ方ー「体を温める」「腸をきれいにする」

体温が1度下がると、免疫力は4割も低下! 「若さ=血の若さ」-レバーで血液が若くなる!
日本人の体に「悪玉菌」が増殖しやすくなった理由 「骨年齢」が若くなるビタミンD
「腸をきれいにする」2つの方法 「体内毒素」に変わる活性酸素
40才からは「蛋白質の摂り方」を変えなさい 「活性酸素を消す」上手な野菜の食べ方
「血管年齢」が若くなる油、老ける油 「食物酵素」で老化に勝つ!

  ○体温が1度下がると、免疫力は4割も低下!

  「若さ」と「免疫力」とは相関関係にあります。免疫力は、病気にならないための抵抗力、病気に

  打ち勝つ力の源です。20才頃がピークで、40才を過ぎると半減します。通常、免疫力はリンパ球の

  働きを指します(左図)。リンパ球は体温と密接な関係があり、高体温の環境で数を増やし活発化します。

  逆に、「冷えた体」だと顆粒球がの勢いが増してリンパ球は減少します。健康な人の平均体温は、

  36.8度前後。体温が1度下がると、免疫力は4割も低下します。基礎代謝も1割強ほど落ちて、カロリー

  消費能力がほぼ大福もち一個分、減退します。すると、体は病気になりやすく、太りやすくなるのです。

  また、老化速度もぐんと上がります。冷えた体とは、35.9度以下のこと。昨今、35度台の人が増えていて、

  女性に限らず男性にも「冷え」を訴える人が少なくありません。免疫力を強化する為には、リンパ球など

  免疫細胞の原料となる蛋白質をしっかり摂る必要があります。また、代謝を促進するビタミンB群、抗酸化作用

  を持つビタミンA、C、Eの積極的な摂取も大切です。



















  〇日本人の体に「悪玉菌」が増殖しやすくなった理由

  免疫力は、腸内環境に左右されます。腸内にはおよそ100種類の以上、100兆個以上の菌類が生息しています。

  重量にすると、1~1.5kg程です。腸内細菌は、まるで草花のようにして繁殖していきます。その為、

  「腸内フローラ」(細菌叢)と呼ばれます。腸内細菌は、私達が食べた物の残りかすを餌にして、様々な物質を

  出しています。体に都合が良い菌であれば「善玉菌」、悪いものだと「悪玉菌」です。善玉菌の代表は、

  ヨーグルトや発酵食品に用いられる乳酸菌です。中でも、ビフィズス菌の増減が、健康増進、老化抑制に

  大きな影響を及ぼします。大腸菌は、ウエルシュ菌と共に悪玉菌の代表格です。悪玉菌は、肉食、ストレス、老化

  などによって繁殖力が増します。腸内腐敗を促すと共に、毒素を発生して、大腸癌をはじめ、様々な腸の病気を

  起こします。便秘も、悪玉菌を増やす大きな原因になります。食の欧米化と共に、野菜や果物、きのこ、海藻類に

  豊富な食物繊維の摂取量が減ったことで、日本人の腸内は悪玉菌が増殖しやすい環境になっています。