40才からは食べ方を変えなさい!

  私達の体は、40才前後を堺に必要な食べ物がガラッと変わります。30代までは、体が成長・発達する段階。ご飯などの炭水化物、つまり、糖質が1番必要とされます。

  ところが、「成熟期」に入る40代からは別です。30代と同じ様に、糖質中心の食事をしていると、様々な弊害が生じます。例えば、「代謝の低下」。食事で摂った栄養を

  十分に活用できなくなり、お腹周りの脂肪が気になる、駅の階段を上っただけで息切れする。すぐに風邪をひいてしまう・・。いずれも、代謝の低下が招いた「老化現象」です。

  放っておくと、体の中がどんどん錆びつき、やがては糖尿病、脳卒中、心疾患といった深刻な病気を引き起こすことになります。40才からは「年齢に応じた食べ方」をする

  必要があるのです。時計の針が時を刻むように、「老化時計の針」も少しずつ進んでいます。唯、時間の流れと違い、老化時計の速度をゆるめたり、「針を逆廻し」にする

  ことは決して不可能ではありません。それを可能にするのが「食習慣」です。癌治療に専念し、20年の歳月を経て、たどり着いたのが、「済陽式食事療法」です。その結果は

  、驚くほどで他の医療機関で見放された多くの患者を治癒・改善に導いたのです。健康な人が病気予防として取り組めば、一層効果的で、その食事療法を土台に、40歳からの

  代謝の良い「若い体を作る」食習慣を述べます。「30品目の食材を、週に2~3回食べるだけ」。これが「済陽式食習慣」の基本です。更に、30品目の食べ合わせ方次第で、

  様々な効能を期待でき、例えば、*「薬食い」鮭+「野菜の王様」ブロッコリー→「若い体を作る」最強食 *「医者要らず」リンゴ+「黄金の滋養食」蜂蜜→「免疫力アップ」で

  体イキイキ *「畑のミルク」ブドウ+「発酵乳」→抗加齢の「強い体」になる。等々「40歳からの体を支える」最高の食べ方・食べ物を述べます。「何を、どのように食べたか」が

  、あなたの体を作り、健康、そして、人生を左右するのです。

40歳からの「食べ方」が、これからの人生を変える 10才若返る食べ方ー「体を温める」「腸をきれいにする」
痩せる食べ方ー体の「糖化」と「塩害」を防ぐ 厳選!40歳からの体と心を守る食材
コラム:「朝の納豆」 |  食べてもいいおやつ、悪いおやつ |  お酒の「1周間の摂取量

  ◎40歳からの「食べ方」が、これからの人生を変える

40歳からの「老化に勝つ」一番確実な方法 縄文食ー日本人の免疫力を高める
まずは「体の糖化」に気をつけよう 長寿遺伝子をオンにする食べ方
40歳から食べ方を変える最大の理由 最低限、朝食だけは「同じ時間に摂る
りんご、納豆、じゃがいも・・・推奨する30品目 「朝・昼・夕の食事バランス」を変えてみる
「老けない、太らない、病気にならない」済陽式食習慣 「まず野菜から食べる」ー中年太りを防ぐ方

  ◯40歳からの「老化に勝つ」一番確実な方法

  40才前後から体は、代謝が急激に下がります。太りだした、疲れやすくなった、よく風邪を引くようになった、

  という症状は、いずれも代謝低下による老化現象です。代謝とは、栄養素を効率よく消化・吸収したり、

  エネルギーを生んで消費したり、内臓や筋肉、皮膚、血液、ホルモンを作ったり、古くなった細胞を新しい

  細胞へと生まれ変わらせたりする働きです。代謝が低下すると、息切れ、動悸、抜け毛、白髪、肌荒れ、

  視力低下など、体の様々な働きも衰えていき、更には、脳卒中、心疾患、癌、認知症、骨粗鬆症、そして

  糖尿病といった、いわば「人生を壊す病」の発症リスクが高まります。代謝の低下は誰にでも起こるが、

  飽食・偏食、過度の飲酒、喫煙、運動不足、不規則な睡眠、ストレス等の生活習慣病が、代謝の低下を

  更に促進し、とりわけ、大きな影響を及ぼすのが「食の不摂生」です。逆に言えば、そうした食習慣を

  改めれば、代謝低下が抑えられるだけでなく、20代、30代の「代謝力」、つまり「若さが取り戻せる」のです。