気力を奪う「体の痛み」がスーッと消える

   ◎痛みを消す「クスリ」との付き合い方

痛いなら「痛み止め」をやめなさい MRIで調べても「原因不明」と言われてしまう理由
「医者の薬より、市販薬のほうが体に優しい」は大ウソ インターネットで調べすぎると泣きを見る
どんな薬も「肝臓と腎臓に負担がかかる」と心得よ 睡眠薬ではなく、「睡眠外来」を頼りなさい
え?湿布の使い過ぎで寿命が縮むの? グルコサミンでは痛みは消えない

  ○痛いなら「痛み止め」をやめなさい

  痛みの本質に関わる話をしてくれる医者はまだまだ少数派です。痛みを感じて医者にかかると、検査の後には大抵、痛み止めの薬が処方されます。

  1人ひとりの状況に合った治療法を探るのではなく、一律に痛みを抑えようとする。こうした治療が間違いと言いません。しかし、痛みを消す=薬と

  いう発想によって、痛みを感じている貴方がさらに苦しむ結果になることもあるのです。ここでは、痛みにまつわる薬について述べます。何故なら、

  痛み止めで損をしている患者が多いからです。これは、まさに知識不足が原因です。ちょっと知っていれば防げる、お金の損であり、健康面での

  損で、2重の損です。痛みの症状は千差万別で、腰痛、股関節痛、肩こり、膝痛、緊張性頭痛、片頭痛など、様々です。全ての患者に共通して

  最初に尋ねるのが「これまで、どんな薬を飲んできたか?」と言う質問です。そこで良く返ってくる答えが「NSAIDs」(エヌセイズ)と呼ばれる系統の

  薬です。エヌセイズとは、「非ステロイド性抗炎症薬」のことで、何やら難しそうだが、世に出ている痛み止め、鎮痛薬の殆どはエヌセイズです。

  病院で処方される主なエヌセイズとして、ロキソプロフェン(商品名:ロキソニン)、ジクロフェナク(同:ポルタレン)、インドメタシン(同:インダシン)、

  メフェナム酸(同:ポンタール)などがあり、市販薬として主なエヌセイズは。アスピリン(同:バッファリンA)、イププロフェン(同:イブ、ナロンエース)

  があります。これを見ればエヌセイズは1度は飲んでいるはずです。病院に行ってどこかが痛いと訴えたら、エヌセイズがかなりの確率で処方される。

  医者は自分の専門分野以外で痛いと言われたら、患部がどこであろうとすぐにエヌセイズ。薬として歴史も長く、世界一売れていて、安定感も

  あるので処方したくなるのは分ります。が痛みの専門医の間では、神経痛や慢性痛にエヌセイズが効かないことは常識です。エヌセイズが効くのは

  痛みが発症した直後からの急性期で、患部に炎症がある間です。しかし、3か月痛みが続いていて、本人も「いつから痛いのか、もうわからない」

  という慢性痛の場合、そこに炎症はありません。傷による腫れや炎症は治っているわけですから、エヌセイズを使う意味はないのです。

  でも、一般の患者は痛いのだから痛み止め、鎮痛薬が出て当たり前と思っています。本当は鎮痛薬の中にはエヌセイズとは別の系統で、

  神経痛や慢性痛に効く薬があります。ところが有名なロキソニンが処方されれば誰も文句を言いません。医者に「痛い」と訴えたら、痛み止めが

  出たわけですから、疑いなくそれを飲みます。エヌセイズは、長期連用すると胃腸障害、腎障害などの被害が広がっていきます。

  事実、薬物による腎障害の原因のトップは、痛み止め。エヌセイズによるものです。特に高齢者や高血圧の人にエヌセイズを長期投与すると、

  急性腎障害の発症リスクがアップします。他に、胃炎、12指腸潰瘍、下痢、嘔吐と様々な副作用が確認されている。しかし、痛みに悩む人は

  痛み止めであるエヌセイズが効くと思って飲み続けます。患者の中に「私は胃が弱い」からと言う人が少なくないが、胃が弱いのではなく、

  市販薬の痛み止めの使い過ぎで胃が荒れているだけです。服薬をやめれば改善するが、痛みが怖いからなかなか止められない。

  こうして負の連鎖が続くのです。散々お金を使って、体を壊し、痛み止めは効かないとあきらめてしまう。エヌセイズは急性期に短期の使用ならば、

  本当によく効きます。しかし、神経痛や慢性痛には違うタイプの痛み止めを処方すべき。必要な薬を飲めば、原因のわからない痛みでも軽くする

  ことはできるのです。今貴方が、難渋している痛みに対して、主治医がエヌセイズしか出してくれないのだとしたら、医者を替える必要がある。