長寿革命

  ○癌が怖くなくなる話

  人は何故癌になるのか?癌の根本原因について説明します。これが驚くほどシンプルで、理解しやすいのです。原因が分かれば、癌はそれほど恐ろしい病気ではないことに気ずくはずでさす。

  ●現代医療は癌の本質を捉えているか?・・・190年代中頃、癌は日本人の死因ナンバー1の疾患となりました。その後もがん患者は増え族毛,今や日本人の2人に1人は癌に罹り、日本人

  男性の4人に1人、女性の6人に1人は癌で死亡するといわれています。現代医療では、手術療法、化学療法(抗癌剤)、放射線療法の3大療法が標準治療です。これらの治療法は、方法は

  違えど考え方は全て同じ、癌細胞を摘出、破壊、縮小させることによって体から追い出そうとするものです。しかし、癌細胞を攻撃する事が根本的な治療になり得るのか?癌を治す(罹患しない)

  為には、癌になる原因を取り除く必要があります。しかし、癌細胞をやっつけるという発想は、結局症状を一時的に押さえ込むことに留まります。副作用が強く、辛い治療を乗り越えても、再発を

  繰り返してしまう多くの症例は、これら3大療法が癌の根本治療とならないことを示しているのではないでしょうか?、

  日進月歩の勢いで医療が発展し、、新たな薬剤や高度な治療法が生まれても、癌患者は増え続け、病気への恐怖心は増長されるばかりです。

このような状況は現代医療が癌の根本原因を取り違えてしまったことにより生み出されたものと言えそうです。現代医療の通説になっている癌の

  原因について検証してみると、癌に関する文献には「癌細胞は遺伝子のコピーミスによって生まれる」と書かれている。人間の体は60兆個もの

  細胞からできていて、これらの細胞が死と再生を繰り返すことで生命は維持されます。細胞分裂により新しく生まれた細胞には、古い細胞から

  遺伝子(細胞の設計図)が正確にコピーされます。遺伝子コピーの際には時々エラーが起きるが、大抵の場合は修復され、異常細胞の増殖を

  抑える仕組み(癌抑制遺伝子)も働きます。しかし、ごく稀に悪条件が重なると、遺伝子が傷ついたままの異常細胞=癌遺伝子が生まれます。

  この悪条件の1つが、よく言われる発癌物質です。タバコ、紫外線、食品添加物、魚や肉の焦げ等、きりがありません。

  しかし、これらが癌の決定的な原因と考える人はいないでしょう。タバコを吸って癌になる人もいれば、ならない人もいます。魚の焦げをどれだけ食べれば癌になるのでしょう。発癌物質を

  癌の引き金として考えることはできるが、原因とするには無理があります。結局、癌の原因を推定できないまま、副作用の多い抗癌剤や体にダメージの大きい手術や放射線を使って、目先の

  症状を取り除いているのが、現代医療における癌治療の実態です。細胞遺伝子のコピーミスといった遺伝子変異は、実際に起こっていると考えていいでしょう。しかし、これを異常細胞と

  考える発想自体が、細胞の癌化という現象の本質を捉えていないように思われます。本質が理解されていないがゆえに、現代医療における癌治療は、対処療法に留まらずを得ないのです。

  ●癌細胞が生まれる本当の原因・・・では、人は何故癌になるのでしょう。人体に癌細胞が生まれることには、どんな意味があるのでしょうか?結論から述べると、日常生活のストレスによって

  身体が低酸素と低体温の状態に常に晒され続けた結果、癌細胞は生まれます。たったこれだけ、とてもシンプルです。あまりに単純で。信じ難いかもしれません。しかし、病気になることも、

  生命の適応現象の1つであることに気ずけば、癌になることもある意味自然の摂理の範疇にあることが理解できるでしょう。癌にならない生活を送るために、癌に対する過剰な恐怖心から

  逃れる為にも、癌細胞が生まれる原因とその意味について知ってもらいたいのです。