病気が長引く人、回復が早い人

  ○おわりに

  ●人間は自分自分の寿命を決めている・・・50才を目の前にしてある社長さんに念願だったはじめてのお子さんが誕生しました。お祝いを言うと、珍しく弱気な顔つきで、「息子が成人して、

  跡をとるまで見守ってやりたいが、それまで元気でいられるか心配だ」とこぼされました。そこで、ある医師が薦めたことが「マインドセット」という幸福に長生きするための方法を述べました。

  これは最近のアンチエジング医学研究により発表されており、人間は、自分の両親や親族の亡くなった年齢を基準として、漠然と自分の寿命を決めてしまうという傾向があります。そして

  実際にそのとうりに人生の幕引きをしてしまう人が多いのです。逆に言えば、「自分は健康で長生きする」と心の奥底から思っていれば長寿になれるということです。例えば90才まで生きると

  決意したら、それを紙に書いて、朝晩眺めて心構えをする。これが「マインドセット」です。90才になった時の様子を、一つ一つ具体的にイメージします。孫の世話をしている様子、その時、自分が

  見ている風景を思い描いて見ます。好きな趣味や極めたい特技はどこまで発展しているのでしょう。子供たちはどんな家庭を築いているのでしょう。貴方はどんな豊かさを手に入れ、どんなふうに

  楽しんで生きているのでしょう。明確なイメージができれば、そこから逆算してとるべき予防策が見えてきます。どういう習慣を持つべきかを、脳自体が理解します。脳がそれをやるだけの意味が

  あると理解すると、体は自然に動き出すものです。

  ●「今、やらなければ!」と思い立つ瞬間がやってくる・・・習慣が身につき、貴方が若返り、より健康になると、どんないいことが起こるのでしょう。若返りで得られるチャンスや利益、そうなることで

  どんな人達を喜ばせたり助けられたりしますか?もしそれを先延ばししたら、どんな損失が生まれるのか、不健康による不利益、周囲の苦しみや辛さを良く考えてみて下さい。

  「マインドセット」の為の、具体的な方法を述べると、あずこうやって若返りによるメリット、デメリットを考えた後に、「健康長寿の習慣」を身につけねばならない理由を、100個紙に書き出していき、

  手を止めずに、思いついたことをどんどん書いていきます。ある瞬間、ハッとして「今、やらなければ!」と思い立つ時がやってくるはずです。100個書き出したら、次はクリアブックを用意し、ファイル

  しておくのです。このファイルを朝起きた直後、寝る直前にめくります。ぼんやりした状態で構いません。読むというよりも潜在意識に定着させる感じで、眺めて下さい。これだけで若返りに

  対するモチベーションが上がり、習慣化がスムーズに行われます。これまで述べてきた健康長寿に関する様々な習慣も、是非ファイルして、マインドセットで習慣化してください。

  貴方が100才になっても若々しく、元気に笑って過ごしていることを心より願っています。