病気が長引く人、回復が早い人

  ○腸内フローラの状態を良くすると全身の免疫力がアップする

  ●腸内細菌の数は100兆個、1.5kgの重さがある・・・毎日、内視鏡で大腸を見て分かることは、健康な人の腸は美しいものです。柔らかく、みずみずしく、憩室(腸の中にできた窪み)が少ない。

  美しい腸を保つためには、腸内細菌を整えることが大切です。腸の環境は、私達の健康に大きな影響を与えています。腸の中には様々な腸内細菌がすんでいますが、その細菌の集まり

  (腸内フローラ)の環境が悪くなると免疫力が落ち、癌にもなりやすくなります。腸内環境を整える時に良く知られているのが善玉菌を増やすことです。腸内細菌の数は100兆個で、1.5kg程です。

  腸内細菌の遺伝子の数は人を形作る細胞の遺伝子数の100倍以上もあるのです。腸内細菌は腸内フローラと呼ばれる生態系を作っていて、まさにひとつの臓器といえます。

  この腸内細菌の中に、善玉菌と悪玉菌がいます。人の腸内フローラの中で最も数が多いのが、バクテロイデスとフアーミキューテスです。この2種類が腸内フローラを構成する菌の種類。この中で

  善玉菌と定義されるのが、ビフィドバクテリウムとラクトバチルスです。これらの善玉菌を摂ると、免疫力がアップします。具体的にはナチュラルキラー細胞という、癌細胞や細菌と戦ってくれる

  細胞の活性が上がるのです。また、ストレスや緊張ですぐに下痢や腹痛を起こす過敏性腸症候群の患者にも効果が確認されています。下痢や腹痛が減ったり、クロストリジウムという悪玉菌

  が減り、ビフィドバクテリウム(善玉菌)が増えることが確認されています。

  ●納豆、味噌、キムチの善玉菌が寿命を延ばす・・・善玉菌を増やすには、納豆、味噌、キムチんどの発酵食品を摂るのがお勧めです。韓国の人はキムチを沢山食べるが、韓国人の子供の便や、

  キムチから分離した乳酸菌が、リンパ球を増殖させたり、善玉のインターフェロン(腫瘍細胞の侵入に抗するタンパク質)の分泌を促進させるなどして、免疫力を向上させて、線虫の寿命を延長

  させるという結果が報告されています。最近では、ドラゴンフルーツから分離した乳酸菌を、高脂肪食で育てたマウスに与えると、抗肥満効果が見られ、血糖値やコレステロール値が下がる

  ことも分かってきした。

  ●同じ物ばかり繰り返し食べると免疫力が下がる・・・発酵食品を摂るより、もっと簡単に腸内の状態をよくして、免疫力をアップさせる方法もあります。「同じ物ばかりを繰り返し食べない」という

  ことです。多種多様の様々な物を食べる、という食習慣が免疫力を上げるのです。腸内細菌は、私達が食べ物から摂った食物繊維を餌として増え、腸内で生活しています。腸内細菌の種類が

  沢山あればあるほど、腸の粘膜のバリア機能がしっかり働き、免疫力が上がるのです。この多様性が、腸の健康を保つ上で必要なのです。同じ物ばかり食べている人の腸を覗いてみると、

  腸内細菌の種類が減り、似たような数種類の細菌しか育たなくなっています。こういう状態を「腸内細菌の乱れ」(デイスバイオーシス)と呼ぶ。デイスバイオーシスの状態の腸では腸の粘膜の

  バリア機能が落ちてしまいます。腸内の粘膜細胞と粘膜細胞との間には、タイトジャンクションと呼ばれる結合があり、細胞同士が手をつないでいます。この握手によって、細胞は腸の粘膜の

  中に細菌が侵入できないように通せんぼ」をしてバリアを作っているのです。腸の粘膜は、常に沢山の細菌と接しているが、腸の粘膜が正常であれば細菌が感染して悪さをすることありません。

  これは、腸のバリア機能が正常に働いているからです。同じ物ばかり食べていると腸内細菌の種類が減り、デイスバイオーシスになります。細胞と細胞”手と手の結びつき”が弱くなり、細菌の

  侵入を許すことになります。これが腸のバリア機能の低下です。腸の粘膜の中に細菌が侵入しやすくなる為免疫機能が落ちてしまいます。このように、、食べ物の摂り方しだいで腸は変わります。

  善玉菌を増やしたり、腸そのものを強くし、癌予防で寿命を延ばすことができるのです。でkるだけ色々な種類の食べ物を食べましょう。

  ●アスパラ、山芋、味噌、キムチを組み合わせて・・・腸内細菌を元気にする食品は、アスパラ、ごぼう、山芋等の食物繊維の多い物、前述の納豆、味噌、醤油、こうじ、キムチなどの発酵食品です。

  これらの食品を、できるだけ多くの種類を組み合わせて食べましょう。何を食べるのかと同じくらい、種類に注意します。会席料理の様に、沢山の種類の食べ物を、少しずつ摂ることが重要なのです。