病気が長引く人、回復が早い人

  ○腹8分目と有酸素運動で、寿命を決める「テロメア」が伸ばせる

  ●テロメアが短くなリ過ぎると老化が進む・・・人間の寿命を決める大きな要因に「遺伝子の問題」があります。なかでも染色体の先端にあるテロメアは、老化の鍵を握っていると考えられています。

  私達の細胞には核があり、その中には遺伝情報を司る遺伝子の本体「DNA]を収容するXの形をしたタンパク質があります。このタンパク質を染色体といいます。テロメアは染色体のXの形の両端

  4箇所にあり、直接遺伝には関与しないが染色体自体を保護する役割を担っています。細胞は常に分裂し、新しい細胞を作り出し、古い細胞と置き換わりながら新陳代謝を繰り返します。

  細胞分裂ができなくなると、新陳代謝が行われず、細胞に老化が進みます。テロメアは「細胞分裂の切符」とも呼ばれ、分裂できる回数を決めているのです。細胞には「テロメレース」という酵素を

  持つものと持たないものがあります。多くの細胞はこの酵素を持ちません。酵素のない細胞は、分裂するたびに分裂前の細胞に比べてテロメアの長さが短くなります。テロメアが短くなり過ぎると

  それ以上は分裂できなくなり、その細胞は死に至ります。2度と複製できなくなるため、細胞の絶対数は減って生きます。そうして老化が進み、癌などの病気の引き金になります。

  ●まずタバコをやめ、運動を習慣化する・・・「テロメアが長いほど、寿命が長い」この論文が2003年に医学誌「ランセット」に掲載されたことで、テロメメアに一気に注目が集まりました。テロメアの

  長短が寿命を決めているというのです。テロメアが長い人ほど、見た目が若々しく、顔のシワも少ないことが分かっています。また、うつ状態やストレスが多い人はテロメアが短い傾向が多く、テロメア

  が短い人は、動脈硬化、心筋梗塞など心臓血管系の病気が多いのも特徴です。病気や老化に対抗するには、テロメアの長さを保つこと、さらにはテロメアをより伸ばしていくことが重要です。

  遺伝子は生まれついてのもので、テロメアの長さも最初から決まっています。長命の家系に生まれた人は、恐らく長いテロメアを持っているはずです。唯、短いテロメアを持って生まれたからと
  
  いって、その後テロメアの長さを調整できないわけではありません。細胞は新陳代謝を繰り返しています。オリジナルの細胞のテロメアは分裂によって短くなっていっても、分裂して生まれた

  新しい細胞は元の長さのテロメアを持っています。新しいテロメアを長くできるか、短くしてしまうかは貴方次第です。例えばテロメアを長くする酵素・テロメレースは、喫煙すると活性が低下し、

  運動すると活性が上昇することが分かっています。同じ遺伝子を持って生まれたとしても、その後の環境や生活習慣によって体の状態は大きく変わります。良い環境でよい生活を送れば、

  細胞の状態を改善して、テロメアの長さを保ったり、伸ばしていくことができるのです。

  ●コレステロール値を下げる「リピトール」でテロメが長くなる・・最近分かってきた、テロメアを伸ばすための健康法をいくつか紹介します。まずエネルギー制限です。毎日の摂取エネルギー量を

  70%に抑えると、テロメアの短縮を防ぐことができます。テロメアにとっては、その7割のエネルギー量がちょうどいいのです。よく腹八分目といわれるが、ちょっと足りないかなと思う程度の食事に

  したほうが、寿命を延ばすことができます。栄養の摂り過ぎは、テロメアにとってもよくありません。高コレステロールも、テロメアの長さに関係していることが分かってきました。「リピトール」という

  コレステロール値を下げるスタチン系の薬剤を服用すると、テロメアの長さが長くなるのです。また、酸化ストレスを抑える15~100分の有酸素運動も有効です。適度な運動によって、テロメレース

  というテロメアを長くする酵素を活性化させることができます。

  ●ブロッコリーを食べて葉酸不足を補う・・・栄養過多は厳禁ですが、テロメアを守り、伸ばす為の栄養素は積極的に摂りたいものです。赤ワインに含まれるポリフェノールの1種「レスベラトロール」

  は、テロメアを保護することが分かってきています。また、青背の魚の油であるEPAにも、テロメアを長くする効果があります。EPAは、血液中の脂肪分を取り除いたり、炎症や癌細胞の増殖を

  抑えたりと、様々な効果のある栄養素です。他にも、テロメアを伸ばす効果のある栄養素があります。それは葉酸です。葉酸が不足すると、有害な老化物質ホモシステインが増加し、酸化ストレス

  が生じ、体が錆び付いてしまいます。これだけでも老化は進みますが、さらにテロメアまで短くなることが分かっています。葉酸は他にも血液、細胞、神経などに欠かせないビタミンで、特に

  妊婦さんに必要な栄養素として知られています。また、貧血や骨粗しょう症の改善、胃炎にも効果があります。日常生活では摂りにくい栄養素なので、世界60カ国では、パンや穀物に葉酸を

  添加するように法律で定められています。しかし、日本では施工されていないため、「葉酸欠乏」が心配されています。葉酸は、サプリメントで手軽に摂る事ができます。また食べ物では

  ブロッコリーに豊富に含まれています。日頃から忘れずに摂っておくといいでしょう。