酵素が太らない体を作る!

「酵素」不足が招く”肥満”は怖い! 健康的に痩せられる「酵素」の摂り方
「酵素」が太らない体を作る 「酵素断食」で脂肪を排泄する!

  

  ◎「酵素」不足が招く”肥満”は怖い!

  ★酵素不足が招く”内蔵脂肪型肥満”の結末

  癌、糖尿病、脳卒中など、あらゆる病気のリスクを上げるのが「肥満」。多くの人が悩む「肥満」の元凶は、実は”酵素不足”です。

  ・あなたは「内臓脂肪」を溜め込んでいませんか? − 最近ウエスト周りがきつくなってきた。体重の増加はそれほどでもないが体脂肪率が高くなっている。

  体内に酵素が足りないと、代謝が落ちてしみまい、いつのまにか「内臓脂肪」を溜め込んでいる恐れがあります。⇒

  ・肥満を放置していると、「死の四重奏」が近ずいてくる - 内臓脂肪型肥満が進んでくると、高血圧、高血糖、血液中の脂質異常等が見られるようになる。

  そして放置していると、糖尿病、脂質異常症、高血圧等の症状が重なった「死の4重奏」がひたひたと忍び寄ってきます。⇒

  ・全身の代謝が悪くなる、恐ろしい「内臓脂肪型肥満」 − 高血圧、高血糖、血液中の脂質異常は、それぞれ別の原因があるように思いがちですが、

  実は「内臓脂肪型肥満」によって、全身の代謝が悪くなることがその主な原因なのです。現代人が悩む病気の全ての根本原因は「内臓脂肪」です。⇒

    ・風邪から癌まで、あらゆる病気にかかりやすくなる − 肥満によって近ずてくるのは、「死の四重奏」だけではありません。癌からアレルギー疾患、

  そして風邪まで、あらゆる病気にかかりやすくなるのです。肥満は見た目が悪くなるだけでなく、私たちの健康を害する原因になるのです。

  ⇒今すぐ「内臓脂肪型肥満」を解消して、健康でスリムな体を手に入れましょう。

あらゆる病気の呼び水になるのが肥満 メタボ検診やBMI値だけでは判らない肥満の本質
見た目が痩せていても、体内に余分な脂肪が溜まっている 何度もダイエット失敗は酵素不足が原因
太っていると、死の四重奏・シンドロームXがやってくる 太りにくい体質の人=新陳代謝が良い人
毛細血管の血流を見れば、体の問題は全てが見える 低脂肪・低蛋白・抵糖質、高繊維・高酵素が良いダイエット

       ● あらゆる病気の呼び水になるのが肥満       

  健康的でスリムな体型を維持している人は、いくつになっても若々しく見えます。今や日本では、若い女性はもちろん、老若男女を問わず多くの人が

  ダイエットに関心を持っています。ダイエットは見た目を良くするはもちろんですが、私たちの健康を守るためにも欠かせません。ダイエットを目指す人の  

  中には癌や重度の糖尿病、膠原病などの難治性の病と闘っている方も多く含まれます。こういった患者さんの病気の原因は色々あるが、ひとつだけは

  確実に言えることがあります。それは様々な病気の呼び水になるのが、「肥満」であるということです。「体重の増加=肥満」と考え勝ちですが、

  実はそうではありません。肥満とは、私たちの体内の脂肪組織の脂肪細胞に、過剰に脂肪が蓄積された状態のことを言うのです。

  つまり、体重があまり重くない人でも、脂肪細胞に過剰な脂肪を溜め込んでいる人は、肥満といえるのです。脂肪をため込んだ状態を放置していると、

  私たちの体内には様々な悪影響が及びます。まず起こるのが、高血圧や高血糖、そして血液中の脂質代謝に異常が見られるようになります

  同時に糖尿病や心筋梗塞、脳卒中などの生命を脅かすような重篤な病に侵されるリスクがどんどん高くなっていきます。 今や日本人の死因No1となり

  1生の間に2人に1人はかかるといわれる「癌」も、喫煙に次いで肥満が大きなリスクとなります。肥満状態の体は、新陳代謝が悪くなっています。

  新陳代謝の低下は、癌の発症リスクを大いに高めます。新陳代謝が悪いということを具体的に言うと、微小循環が悪い(毛細血管の流れが悪い)

  ということにつながるのです。また病気というほどではないが、なんとなく体がだるい、慢性の肩こりや腰痛に悩まされている、体の冷えが気になる人も

  肥満気味であることが多いものです。肥満には、体全体に皮下脂肪がついて、見るからに太っている皮下脂肪型肥満」と、見た目にはそれほど太って

  いないが腹部を中心に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」の2種類があります。そして肥満が原因の様々な病気や体調不良は、「内臓脂肪型肥満」の方に

  より多く見られます。40才を越して中年に差し掛かり、代謝が低下してくるとどんな人でも、「内臓脂肪型肥満」になる危険性が上がってきます。

  健康と美容の大敵である「内臓肥満」を増やさないようライフスタイルに、今すぐ切り替えましょう。