癌にならない食生活のコツ

検査と免疫力アップで癌を予防する 発癌物質の毒性を消す知恵とコツ
台所にある食材で癌を予防する 身の回りの発癌物質
工夫の一品で癌を予防する 最新の切らない治療10

 

  ✤検査と免疫力アップで癌を予防する

  ✲癌になりにくい食生活の送り方→癌の原因は様々なものがあり、これさえ気をつければ大丈夫という完壁な予防法はありません。しかし、より癌になりにくい食生活を送る

  ことは出来ます。化学物質やウイルス、放射線、理由はいろいろですが、これらが遺伝子を傷つけ、間違った細胞が作られます。普段はこの間違った細胞は修復されたり、

  消されたりして、大きく育つことはありませんが、これが時に増殖し、悪性化すると、命さえ危うくする。これが癌なのです。癌の発生と促進には、それぞれの段階でブレーキとして

  働くもの、アクセルとして働くものがあり、その加減によって進行スピードが変わってきます。胃癌を例にとれば、発生から癌と診断されるまでに20〜30年かかり、癌細胞の

  発生する時期も、成長するスピードも、その人の生活次第で大きく異なります。

   

  ✲癌発症の最大原因はストレス→自律神経を整えれば克服できる!

  多くの人が癌は死に直結すると思い不安に駆られているが、必要以上に恐れるべき病気ではありません。癌の芽である「癌細胞」は、誰の体の中でも絶えず生み出されて

  いる細胞で、遺伝子の情報が傷つき、異化することでできたものです。この癌細胞が悪化して成長すると、腫瘍ができて癌になるが簡単には腫瘍はでき上がりません。

  人間の体内では、病気や老化から体を守る白血球(免疫細胞)が巡回して、癌細胞を修復したり、芽のうちに摘み取ってくれているからです。つまり、白血球を良く働かせ、

  癌細胞と互角に戦う免疫力をつければ、癌も決して「不治の病」にはならないのです。癌ができても、癌と共存したり、退縮させることも不可能ではありません。

  過労、心老、薬の長期服用などで心身に強いストレスがかかると、免疫力は激減してしまいます。ストレスによる自律神経の働きの乱れがその原因です。

  人間関係やお金の不安などによる精神的なストレスや薬の飲み過ぎといった体へのストレスから、強い恒常的な緊張状態に晒されると、自律神経の働きの乱れ、呼吸や体温、

  血圧の調整がうまくいかなくなり、癌と戦う白血球にも悪影響が及ぶのです。実際の癌患者の血液検査でも、白血球のバランスが崩れていることが分かっています。

  ストレスによる癌発症は、発癌性物質による影響や、体質的な問題をしのぐ勢いで増えており、ストレス解消が下手な真面目なタイプの人ほど、癌にかかりやすいようです。

  

   癌を発症させない4つの心構え!

  @「癌の最大の発症原因はストレス」と心得て、休息を十分にとること

   人間関係の問題や、過労などを遠ザけるようにし、薬は体にストレスをかけるため、、服用し過ぎないようにする。

  A「癌は怖い」と思い過ぎないこと。癌に不安を感じること自体が、強いストレスとなることもあります。

  B癌にかかって抗癌剤や放射線治療、手術が必要と言われた場合でも、十分検討して必要最低限にとどめること。

  C副交感神経を高める鼻呼吸などを生活に取り入れること

   鼻は呼吸器官。外から入ってくる埃や塵を取り除く「加湿器つき高機能空気清浄機」ですから、鼻(鼻毛とその奥の

    粘膜)による呼吸で細菌やウイルスの感染を防ぐことができます。

 

  癌の予防、又は治療を効果的に行うために、自分の免疫力がどのくらいのレベルにあるのか調べてみましょう。