首こそ病気退散 
の急所                                        
  ✲めまい、動悸、冷え、のぼせ、倦怠、発汗異常、血圧不安定、うつなどの、原因不明の体調不良は首の筋肉が原因

 頸性神経筋症候群(首の筋肉の異常により、神経に悪影響を与えて起こす一連の病気)の問診表

  @頭が痛い、頭が重い           A首が痛い、首が張る           B肩がこる           C風邪を引きやすい

  Dふらっとする。めまいがある           E歩いていたり、立っている時何となく不安定           F吐き気がある

  G夜、寝つきが悪い。目覚めることが多い           H血圧が不安定である           I暖かい所、又は寒い所に長くいられない

  J汗が出やすい           K静かにしているのに心臓がドキドキする           L目が見えにくい。像がぼやける

  M目が疲れやすい。又は痛い           Nまぶしい。又は目を開けていられない           O目が乾燥する。又は涙が出過ぎる

  P唾が出やすい。又は唾が出ない           Q微熱が出る(37℃、時に38℃も)           R下痢をしやすい。又は便秘・腹部症状がある

  Sすぐ横になりたくなる           21疲れやすい(全身倦怠)           22何もする気が起きない。意欲がない

   23天気の悪い日か、その前日調子が悪い           24気分が落ち込む。気が滅入りそうだ           25訳もなく不安だ

  26集中力が低下して、1つのことに集中できない           27イライラして焦燥感がある           28根気がなく、仕事や勉強が続けられない

  29頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる           30胸部が痛い。胸部圧迫感がある。胸がしびれる

 ✶判定 チェック数の数が 5〜9:軽症     10〜17:中症     18以上:重症    該当数が多いほど首の筋肉の硬直が疑われます。

 中症〜重症である場合は首の筋肉を正常に戻す治療が必要。軽症でも兆候があるので、首のコリを軽視せず、首コリの悪化を防ぐ習慣を身につけましょう。

 首のコリを防ぐには、同じ姿勢をとり続けないこと。前かがみの姿勢は首に3倍もの負担をかけてるのです。

 長時間続けると、疲労のため、血行や代謝を悪くし、筋肉を硬くします。

 せめて、15分に1度は、首の筋肉を緩める工夫をしてみましょう。首のコリを軽視し、辛い症状に発展させないためにも、ぜひ習慣にして

 ほしと思います。

 ✴首のコリがひどくなると出る症状→✀めまい・頭痛、✀動悸・胸部圧迫感 ✀全身倦怠 ✀体温調節障害 ✀胃腸障害 ✀視力障害 

 ✀ドライアイ ✀足冷え・のぼせ ✀血圧不安定  ✀ウツ・パニック ✀慢性疲労 ✀発汗異常など。