エネルギーコントロール食 脂質コントロール食
蛋白質コントロール食 減塩食

                                                                      ◎栄養管理が特に必要な疾患

                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                     

                             ★  寝たきりの原因の疾患からどのコントロール食に属するかを知り

              それに対応する処置をとっていけばよい。

              例:トップの脳血管疾患は高血圧→動脈硬化が原因だから減塩食を、

              又ナトリウムを排泄するカリウム(野菜、果物)を多く取るといった具合。       

                               2番目の骨粗しょう症はカルシウム不足が原因。

 

           ★ 魚、大豆と一緒に食べる日本の食事はコレステロールが少なく長寿食だが

             食塩が多く、カルシウム(乳製品が少ない)が少ないのが欠点。

             カルシウム不足にはヨーグルトが最適。整腸にもなり食の細りを抑えながら

             痴呆による寝たきりを防ぐ。

             

           ★ 肥満は諸疾患の主原因だが女性の肥満は女性ホルモンで守られているので

              問題でないが、男性は危険、但し女性も更年期以後は危険。