知りたかった食品成分の機能とエビデン

アンジオテンシン変換酵素阻害ペプチド 

  血圧が高めの方の食品としてトクホの関与成分の1つとして、よく耳にするようになったものです。血圧は、心拍出量と末梢血管における血流に対する抵抗性によって生じます。

  健康な体では、何らかの影響により心拍出量が増加しても、末梢血管を弛緩させることにより血管抵抗を低下させ、血圧を一定に保とうとする働きがあります。本態性高血圧

  という症状は、、この心拍出量と末梢血管抵抗の調節機構が乱れて、正常な血圧コントロールがうまくいかない状態と考えられます。レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系

  も、血液量の保持と血圧を上げる働きにより血液の循環を正常に保とうとする生体調節機構の一つです。腎臓の糸球体に流れ込む動脈の壁には傍糸球体装置があり、

  血圧を感知して、レニンと呼ばれる物質を分泌します。血圧が低下するとレニンの分泌量は増加し、上昇すれば分泌量は低下します。レニンそのものに血圧を上げる作用はなく、

  肝臓で合成され血中へ放出されるアンジオテンシノーゲンに作用し、アンジオテンシンTを遊離させます。そしてこれは、血管内皮細胞膜にあるアンジオテンシン変換酵素により

  アンジオテンシンUに変換されます。これは強力な血管収縮作用があり、血圧を上昇させます。また同時に、副腎にも作用してアルドステロンの生成並びに分泌を促進させ、

  これによって腎臓でのナトリウムの再吸収が高まり、血圧を上昇させます。食塩の過剰摂取は、ナトリウムが水分と一緒に吸収され、細胞外液を増加させ血流量の増加が

  原因で血圧上昇を招き、交感神経活動の亢進はレニン分泌量の増加を招きます。叉、腎動脈の硬化により傍糸球体装置の血圧感知能の低下など、様々な要因によって、

  レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系の正常なコントロールが難しくなり、本態性高血圧の症状を悪化させます。アンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドは

  アンジオテンシンTからUへの変換を阻害する作用をもつペプチドで、強い血圧上昇作用をもつアンジオテンシンUの生成を抑えることにより血圧を低下させます。

    アンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドの構造上の特徴は、変換酵素の特徴であるポリペプチドであるアンジオテンシンTの作用部位と、類似のアミノ酸配列をもつことです。

  構造としては、比較的長いアミノ酸配列のものもあるが、トクホの関与成分になっているものは、トリペプチドなど配列が比較的短いものが多く、阻害作用の本体が、むしろ

  オリゴペプチドなどの構造をとっているようです。従来、タンパク質やペプチドは、消化酵素の作用によりアミノ酸まで消化されないと吸収されないと考えられていたが、

  ジペプチドやトリぺプチドなどは小腸粘膜上に存在するペプチドトランスポーターにより吸収を受けることが最近になり分かってきました。 

  アンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドもこれらの消化吸収機構によって吸収を受けたのち、一部は循環血流中に到達して機能を発揮しているものと考えられます。

   アンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドは、比較的アミノ酸配列が短いペプチドですので、同じようなペプチド配列は、タンパク質を含んだ食品に広く分布しています。

  現在トクホ商品として開発され、食品中にその存在が認められるものについて、発酵乳などの乳製品、かつお、いわし等の魚介類、豚、鶏などの畜肉類、ゴマ、小麦、

  大麦、米(酒粕)、大豆などの植物性食品、のり、ひじきなどの藻類等に広く分布しております。

  体内に取り込まれたペプチドは、一部は肝臓等でアミノ酸まで分解を受けるが、一部は循環血流中に到達してアンジオテンシン変換酵素を阻害するものと考えられます。

  実際にトクホの認可の際に実施された投与試験で、血圧が有意に低下することが確認されている。阻害作用自体は薬物である アンジオテンシン変換酵素阻害薬に比較

  すると弱く、効果の作用も短時間なので、正常血圧の人が利用しても血圧が下がり過ぎることはありません。摂取における安全性については、本来が栄養素である

  アミノ酸からなるペプチドなので、過剰摂取でなければ問題にならないが、生体調節機能をもつ機能性成分ですので、長期間にわたる摂取や過剰摂取によっては、

  まれに空咳が出ることがあるので注意が必要です。高血圧の予防については、いうまでもなく、減塩、カリウム摂取量の増加、過剰エネルギー摂取の防止、過飲、禁煙、

  ストレスの防止、運動不足の解消などの生活習慣の改善が基本だが、jこれらのトクホはあくまでそれらをサポートするために利用することが重要なポイントです。

  どうしてもそれだけ摂取していれば大丈夫という「お助け食品」的な利用になって適切な治療を受ける機会を失わせてしまわないようにせねばなりません。

  血圧降下薬の一つであるアンジオテンシン変換酵素阻害薬と アンジオテンシン変換酵素阻害ペプチドとの作用点は同じであり、食品医薬品相互作用可能性があり、

  すなわち、相互作用による低血圧や副作用である空咳の頻度が増加する可能性があるので、高血圧患者の利用に当たっては、医師と十分相談しておく必要があります。