花粉症・アトピーも一掃            

 

  近年になって目立って増えている国民病の1つに、花粉症やアトピー性皮膚炎があります。日本人の3人に1人はアレルギー体質を抱えているとも言われています。しかし、

  花粉症やアトピーは昔からあった病気ではありません。何故、最近の日本人にアレルギー病が急増しているのでしょうか?その最大の理由は、免疫力の低下です。

  免疫力とは、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、ホコリなどの異物を排除し、体を守る力のこと。免疫力を司る主役は、血液中の白血球です。アレルギー病は、

  白血球が体内に侵入した異物に対して過剰に反応し、排除しようとすることによって起るのです。アレルギー病の原因になる異物をアレルゲン(抗原)といいます。

  アレルゲンが体内に入ると、それに対抗するために白血球はたくさんの抗体をを作ります。この抗体の正体は、免疫グロブリンE(IgE)というタンパク質です。IgEが肥満細胞と

  言う特殊な細胞と結合すれば、ヒスタミンやロイコトリエン等の化学伝達物質が放出されrます。これらの物質が炎症を起こす元になり、その結果、アレルギー病が起こるのです。

  花粉症やアトピーなどのアレルギー病の患者数は、ここ数十年で飛躍的に増加しました。その背景には、花粉やダニ、ホコリなどのアレルゲンの増加、車や工場からの

  排気ガスなど化学物質の流出、肉や加工食品などの多食、精神的なストレスの増加といった様々な要因が考えられています。免疫力の低下には、腸の衰えが深く関係

  していることも見逃せません。今の人には腸の働きが低下している人が非常に多く、このことが免疫力を低下させ、アレルギー病の急増を引き起こしていると考えられるのです。

  腸の働きは、食べた物の消化・吸収をするだけでなく、免疫力の強さを左右する重要な働きを担っています。免疫力の主役である白血球は、好中球、リンパ球、マクロファージ

  という三つの細胞に大きく分けられます。そして、それぞれの細胞が役割分担し、連携しながら細菌やウイルスなどの異物を退治しています。リンパ球の中には、NK細胞や

  T細胞などの細胞があり、T細胞は、Th1細胞とTh2細胞に分けられ、Th2細胞が過剰に働くと、アレルギー反応が現れることが分かっています。実は、このような免疫力を

  左右する細胞(免疫細胞)の大半が集中しているのが、腸なのです。そもそも、口から入った細菌やウイルスといった異物の多くは、小腸や大腸などの腸から体内に侵入します。

  その為、免疫細胞は、異物と接触しやすい腸に最も多くあるのです。特に小腸には、全身のリンパ球の6割が集中しているのです。

  小腸には、外敵から身を守るための絨毛じゅうもうと呼ばれる突起があり、絨毛と絨毛の間にはパイエル板という器官があり、異物の侵入を

  察知するとリンパ球に指令が届いて、これを排除するのです。こうした仕組みが働いていれば、免疫力が正常に保たれ、アレルギーにも

  風邪にも負けない丈夫な体になるでしょう。反対に、腸の働きが衰えれば免疫力が低下し、アレルギー病を招いたり、

  風邪を引きやすくなったり、老化が進んだりしてしまうのです。そして、腸の働きを良くするために大変重要なのが、腸内細菌です。

  ✲腸を活気ずけ免疫力も高めるには善玉菌を増やす乳酸菌の大量摂取が効力絶大

  腸には、約100種類、1000兆個もの腸内細菌が住みついています。有益な働きをする善玉菌と体に悪影響をもたらす悪玉菌が、

  腸の中で常に勢力争いを繰り広げていて、悪玉菌が優勢になると腸の働きが衰え、免疫力も低下してしまいます。反対に、腸内に善玉菌が増えれば免疫力が強まり、

  細菌やウイルスなどの異物を排除できます。アレルギー病、花粉症やアトピーの人の腸内には善玉菌の菌数が少ないことが報告されている。大腸と小腸の役割があり、

  小腸では、食べ物に含まれる善玉菌が小腸の免疫細胞に直接働きかけ免疫力を強化し、大腸の善玉菌も、免疫力の強化に重要な役割を果たします。大腸に善玉菌が増えれば、

  腸内環境が整い、免疫力が働く仕組みが正常化するのです。腸内に善玉菌を増やす最も効果的な方法は、糖を分解して乳酸や酢酸を作り出す働きを持つ乳酸菌をとること。

  乳酸菌には次のような働きがあります。  

  ✦腸内の善玉菌を増やす→乳酸菌は善玉菌の餌になるため、善玉菌増やしに役立ちます。また乳酸菌は腸内を酸性化し悪玉菌の苦手な環境にし、働きを弱めるのです。

  ✦免疫力を強化する→乳酸菌は腸で働く白血球をはじめとする免疫細胞を刺激し、その働きを強化します。  ✦腸の運動を活発にする→乳酸菌が作り出す有機酸は、

  腸の蠕動運動を促す作用があり、便秘や下痢の予防にもなります。  他にも乳酸菌は病原菌の感染予防や発癌物質の解毒にも働きます。

  乳酸菌は納豆や漬物にも含まれているが、その筆頭はヨーグルトでしょう。ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させた食品で、乳酸菌の宝庫ともいえるのです。

  すでにアレルギー病にかかっていて体質改善にはヨーグルトを大量に食べねば効果は出にくい。具体的には、朝昼晩の3回、毎日小鉢3杯分、約300g以上のヨーグルトを

  食べることが目標になります。より効果を高めるには、無糖のヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べるのがおすすめ。オリゴ糖には、腸内の善玉菌の餌になって乳酸菌を増やす

  作用があるのです。より手っ取り早く、乳酸菌を大量に取る方法は、微小な球菌で、かつ死菌の乳酸菌をとること。こうした菌をとると免疫力が強まりアレルギー病を撃退します。

    乳酸菌は、その形状によって球菌と棹菌かんきんに大別され、免疫力強化には球菌(ビフィズス菌は棹菌)が優れています。

  また、生菌と死菌があり効力は同じだが、大量に取るには死菌の方が良い。死菌は加工しやすく、大量の乳酸菌を集めた食品を作ることが

  できるからです。こうした条件に適合するのが、FF-621K菌という乾燥させた死菌。これは、特に活発な菌を厳選し、良質な培地で培養したもので

  免疫力の効力が抜群に大きいのです。

  免疫力を司る主役は、血液中の白血球。白血球のうちリンパ球の仲間であるT細胞には、病原菌に侵された細胞を処理するTh1と、

  タンパク質から発生した毒物を処理するTh2の2種類があります。この両者のバランスが崩れてTh2の働きが過剰になると、アレルギーの

  症状が起りやすくなるのです。FF-621K菌は、Th1とTh2のバランスを整える作用が大きく、アレルギー病を退ける効力に優れているのです。

  FF-621K菌の死菌は、現在、粉末状の健康食品として市販されています。この粉末食品を、免疫力低下によるアレルギー病や生活習慣病の

  治療に役立てている病医院も増えています。花粉症やアトピーなどのアレルギー病の他にも、インフルエンザ、肺炎といった感染症が改善

  した例も多くあります。アレルギー病や風邪引き体質に悩んでいる人は、FF-621K菌の死菌を利用してみてはいかがでしょう?