肥満とエネルギー代謝 |  高脂血漿と脂肪 | 内臓肥満     戻る

     肥満とエネルギー代謝

摂取するエネルギーが消費するエネルギーより多くなると、肥満になります、過剰摂取した分が脂肪組織に蓄積されてゆくからです。

食物を消化・吸収して得たエネルギーは、ATPとよばれる化学的エネルギーを有する物質に作り変えられ、さらに、機械的・電気・熱エネル

ギーに変換され、生命維持や運動に使われています。この変換現象がエネルギー代謝なのです

栄養素を分解し、エネルギーを保有する物資ATPを合成する過程が、 TCAサイクルというものです。

TCAサイクルは、ブドウ糖が分解され、エネルギーになる所ですが、不足すれば脂質やたんぱく質が動員されます。ところで、ATPは筋肉中

に一定量が貯えられており、運動時にエネルギーを供給し消費されます、運動を続けると、ATPはどんどん消費されてゆくので、TCA サイク

ルが活発に回ります、そして体内の脂肪が分解され、減少し、痩せることができるのです。

反対に、運動が不足すると、TCAサイクルの回転が悪くなります。そうするとエネルギーが余り、脂肪の合成が活発になり、肥満を促すことになります。  
                                                            

思春期の痩せ過ぎは栄養不足から自律神経のバランスが崩れ健康児に比べ脈拍数が少ない。60/分以下になると危険、早いうちの対処必要

                                      

図9-1肥満とやせの状況の推移 (20歳以上)〔 (1)20年前(昭和62年) ・ (2)10年前(平成9年) ・ (3)平成19年 〕

図9-1肥満とやせの状況の推移 (20歳以上)〔 (1)20年前(昭和62年) ・ (2)10年前(平成9年) ・ (3)平成19年 〕

( )内はデータの年次   肥満比率はBMIが30以上の人が成人に占める割合

日本は低いが4人に1人はウエスト85cm以上の「上半身肥満」で心筋梗塞、脳卒中の危険が高い。

   高脂血症と脂肪

血液中には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸という 4種類の脂質があります。これらの脂質の量が異常に増えた状態を高脂血

症といいます.動脈硬化の危険因子となるのです。

血中の中性脂肪は、食事により腸管から吸収されたものと、肝臓で合成されたものからなります.

中性脂肪は肝臓と脂肪組織で活発に代謝される重要なエネルギー源です。血中の約2/3は肝臓で合成されたもので、食事に由来するものは動物

性脂肪からのものです。

コレステロールは体の細胞膜を構成する大切なものですが、高脂肪・高カロリー食,かつ運動不足が血中コレステロール値を上昇させます。

脂質は水となじまないので、中性脂肪、コレステロール、リン脂質などの血中の脂質は、たんぱく質と結びついて、水溶性のリポたんぱくの

で血中に運ばれます。リポたんぱくのうち、カイロミクロンは腸管で、 VLDLHDLは肝臓でそれぞれ生成されます、さらに、それぞれの

主成分である中性脂肪やコレステロール、リン脂質などを受け渡ししながら、常に、分解・合成を繰り返し変転しています。  

遺伝、運動不足などと共に肥満、糖尿病、ネフローゼ、甲状腺機能低下、胆のう疾患などであったりすると、脂肪の合成が盛んになったり逆に脂肪の処理が

低下したりして、高脂血症がおこることもあります。

 子供(高校生以下)の高脂血漿が5人に1人の割合で増加中(コレステロール値が200以上の人の割合)

 
男(%) 女(%)
小学生(3,4年) 13.6 23.6
同(5,6年) 15.6 16.5
中学生 10.4 16.5
高校生 12 22.3

      ●ダイエットには気を使うがご飯は食べないのに

        ケーキやスナック菓子には目がない。

        治療法

        脂肪はエネルギー摂取量の25〜30%を目安に

@菓子類を控える

A牛乳は低脂肪にする

B油物を控え、植物油にする

C野菜など食物繊維を多く摂る

D適度な運動         

                                                  

動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2007年)

 

           今回のガイドラインで、従来の”高脂血症”の表現を”脂質異常症”と変更しました。 脂質異常症の診断基準地値設定(空腹時採血)

              高LDLコレステロール[LDL-C]血症    ≧140mg/dl              これは動脈硬化を起こす脂質異常状態

              高トリグリセライド[TG]血症              <40mg/dl           の総称として高脂血症 → 脂質異常症へ変更                                                                 

              低HDLコレステロール[HDL-C]血症        ≧150mg/dl

   この診断基準は、脂質異常症の診断及び動脈硬化性疾患を起こしやすい高リスク群のスクリーニングの為に設けているものであり、

       薬物治療を要する脂質異常症の基準ではない

  LDL-C=TC-HDL-C-TG/5 (TG値が400mg/dl未満の場合、以上の場合は直接測定法にてLDL-Cを測定する)

  低HDL-C血症が動脈硬化症の危険因子 であることはすでに確立されている。通常、高TG血症や低HDL-C血症には保健指導が,

  TGが500mg/dl以上の場合は急性膵炎の危惧もあり、医療的介入を必要とする。

                                   

リスク別脂質管理目標値

   
治療方針の原則 カテゴリー 脂質管理目標値(mg/dl)
  LDL-C以外の危険因子 LDL-C HDL-C TG
1次予防:生活習慣の改善後、薬物治療を考慮する T(低リスク群) 0 <160 ≧40 <150
U(中リスク群) 1〜2 <140
V(高リスク群) 3以上 <120
2次予防:生活習慣の改善と共に、薬物治療を考慮する 冠動脈疾患の既往 <100

                                                                                   カテゴリーと管理目標から見た治療方針

                             血清脂質測定:問診、身体所見、検査所見

                                        | 

             ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐

                      冠動脈疾患なし(1次予防)                                   冠動脈疾患あり(2次予防)

             ↓                                                                                     ↓ 

   LDL−C以外の主要危険因子の評価                                                                             |   

      ・ 加齢(男性≧45才、女性≧55才)                                   |                                                         

       ・   高血圧                                                                                                          |

       ・ 糖尿病   (耐糖能異常を含む)                                  |

       ・ 喫煙                                                                                                              |

        冠動脈疾患の家族歴                                                                                        |

       低HDL-C血症(<40mg/dl)                                       |  

         ↓――――――↓――――――↓                                       | 

    0                   1〜2                 3以上   主要危険因子数                                        |       

   T(低リスク群)    U(中リスク群)  V(高リスク群)  カテゴリー                      |  

              ↓          ↓          ↓                               ↓

                  脂質管理目標の設定

      ↓          ↓          ↓                               ↓ 

                             生活習慣の改善                                 生活習慣の改善  

                 ↓  

             目標達成の評価    薬物治療の考慮                   薬物治療の考慮

 注:このガイドラインは65才未満の成人に適応される事を前提に作られたが、65〜75才の高齢者にも適応できます。

    糖尿病、脳梗塞、閉鎖性動脈硬化症の合併はカテゴリーVとする。

                    *メタボリックシンドローム

  近年、過食による栄養過多や生活習慣の変化に伴う運動不足によって、脳血管障害や冠動脈疾患が増加することが考えられます。

  動脈硬化性疾患の基盤となる病態の中でも、これら生活習慣要因が強く影響している耐糖能異常、脂質異常、血圧上昇などの危険因子が

  集積した病態(メタボリックシンドローム)が特に重要です。内臓脂肪蓄積が無くても高血糖、高血圧、脂質異常が重積している場合は同じ。

  このように危険因子が重積した症例に対し、従来は複数の薬剤で対応してきたが、まず内臓脂肪蓄積を減少させる生活様式の改善が

  重要で、かつ、高LDL-C血症を含む他のリスクもコントロールする必要があります。

                   *生活習慣の改善

    1.禁煙 - 喫煙はすべての動脈硬化性疾患に対する主要な危険因子である。禁煙は年齢を問わず死亡や心血管リスクの低下をもたらす。

  2.食生活の是正 − 脂質異常患者には生活習慣改善の根幹をなす。   

    ・総エネルギー摂取の制限 → 肥満者に対しインスリン抵抗性の改善、TG値やTC値の低下をもたらし、冠動脈疾患の抑制につながる

    ・飽和脂肪酸の摂取制限 → TC値の減少

    ・一価不飽和脂肪酸(オリーブ油に多く含む)摂取の増加 → 動脈硬化進展を予防する

    ・n-3系多価不飽和脂肪酸(魚類に多く含む)の適切な摂取 → 血清脂質値の改善、血圧の低下、抗凝固作用、内皮機能の改善

    ・大豆蛋白の摂取 → LDL-C低下、HDL-C上昇の作用がある

  3.身体活動の増加 − 血清脂質値改善、血圧の低下、インスリン抵抗性や耐糖能障害の是正、内皮機能の改善や易血栓傾向の軽減

  をもたらす。有酸素運動を一日30分以上、週3回以上を目指すこと。筋力トレーニングも有効。

  4.適正体重の維持と内臓脂肪の減少 - BMIが正常範囲であっても内臓脂肪蓄積には要注意。 内臓脂肪計測は胴回り男85cm、女90cm

  以上の場合には内臓脂肪型肥満を疑います。より正確にはCTスキャンで臍高部の内臓脂肪面積が100cm2以上を内臓肥満型とします。

         臍高部ウエスト周囲径または体重の5%減を当面の減量目的とします。

                   *薬物療法

    薬物療法の導入に当っては、各患者のもつリスクに応じて導入の度合いが違うことを認識しておく必要があります。

                                                      戻る