メタボリックシンドロームの基礎を知ろう

 1996年成人病という呼称を「生活習慣病」に変更するまで、成人病対策は長い間、病気の早期発見、早期治療を目的に行われてきました。

  具体的には健康診断事業を主体としたものでした。しかし、この試みは期待したほど疾病の発症率を減少させることはできませんでした。

  癌や循環器疾患による死因の割合も依然として高く、社会の高齢化の進展は、問題をますます深刻にしようとしています。

  そこで、遺伝要因や外部環境要因を除去し、食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒等、不適正な生活習慣が誘因となり発症する疾病を

  「生活習慣病」と定義し、その対策への取り組みが積極的に行われるようになりました。「正しい生活習慣の形成と修正」を目的とした、

  一次予防(健康増進による疾病予防)重視の政策が始まったのです。生活習慣病対策は、発症のリスクを予測して、その芽を

  できるだけ早期のうちに取り除くことが重要です。糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧症と診断される前の高血糖や耐糖能異常、

  脂質異常、高血圧の状態から、生活習慣の改善を試みることが大切なのです。そして、さらに早期、つまりさらなる上流に存在する

  概念として登場したのがメタボリックシンドローム(診断基準)であり、その対策が生活習慣病への真の早期介入になることです。

  メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満から生じる糖質や脂質の代謝の変化が、糖尿病、脂質異常症、高血圧症と診断される

  程の病的な異常状態ではないが、完全に正常でもない状態を言います。それぞれの代謝の変化が進展して病的になれば単独でも

  動脈硬化になり、動脈硬化性疾患(脳梗塞や心筋梗塞)のリスクファクターになるが、各種代謝が少しばかり異常を来たしかけている

  状態が重なることによっても、動脈硬化になることが明らかにされてきたのです。

                                不健康な生活習慣

                      (食事量と運動量のバランス→摂取エネルギー超過に)     +   遺伝因子

                                      |

              メタボリックシンドドローム          |

                                      ↓

                                                                     内臓脂肪の蓄積

             腹囲(男性85cm、女性90cm以上) → 脂肪細胞から多彩なホルモンが分泌される 

          |                |                   |                   |    

     不都合なホルモンの   不都合なホルモンの      不都合なホルモンの        良いホルモンの  

       分泌増加           分泌増加              分泌増加             分泌減少          

          ↓               ↓                  ↓                  ↓  

  TNF-α,FFA,レジスチン↑↑ FFA(遊離脂肪酸)↑↑ アンギオテンシノーゲン↑↑    アディポネクチン↓↓

  →インスリンが効きにくく   →中性脂肪として血液  →血管を収縮→血圧値      →血管壁に働いて動脈硬化

   なり、血液中の糖が     中に多く出ていくことに   の上昇                 を抑制したり、インスリンの

   使われない          より、反比例してHDLコレ          |            効きをよくして糖の代謝を

   →血糖値の上昇       ステロールの量が減る            |            改善する

       |            →中性脂肪値の上昇、          |                   |

       |            HDLコレステロールの           |            不都合なホルモンの

       |            減少                     |                分泌増加

       |                 |                  |                                          ↓

       ↓                 ↓                  ↓                PA1-1  ↑↑

     高血糖             脂質異常           高血圧                  →血栓を作りやすくし

       |                 |                 |               動脈硬化を進める

       └─────────────────────────────────────┘       

                                  ↓

                                動脈硬化

      冠動脈の変化・・・心電図検査                    細動脈の検査・・・眼底検査

     (頚部動脈の変化・・・頚部エコー検査)                腎動脈の検査・・・血清クレアチニン 

                                  |  

                              血管変化の進行

                          /               \

           糖尿病合併症(人工透析、失明)等       脳卒中、心疾患(心筋梗塞等)  

  注:TNF-αはインスリン抵抗性を引き起こす因子

    内臓脂肪を減らす10ヵ条

  内臓脂肪を増大させる要因として・・・@遺伝 A加齢 B性ホルモン C食事 D運動不足 E生活環境 等多様な要因があります。

  @、A、Bは自分達の努力でどうにも変えることができないので結局C、D、Eの改善ということになります。具体的対策は

 1.メタボリックシンドロームについて十分理解すること

 2.低エネルギー食品の選択方法や調理法を習得すること

 3.○○式ダイエットや薬に依存しないで、正しい食習慣の改善を修得すること

 4.油もの、糖分を控えること

 5.ゆっくり、規則正しく、楽しく、美味しく食べること

 6.野菜料理が不足しないようにすること

 7.外食や加工食品を利用する場合は栄養表示を活用すること

 8.運動をすること

 9.確実に実行すること

 10.気長に習慣化すること

   お腹を引っ込める特別な食べ物や有効成分、さらに薬はありません。

  平成20年4月より「新健診・新保健指導」は、このメタボ対策が重点的に行われます。

   対象者のリスクレベルに即した階層化により、保健指導をすることです。健診結果から、ウエスト周囲長と脂質異常、高血圧、

   高血糖のリスク要因の合併状態により、保健指導の内容を「情報提供」「動機付け支援」「積極的支援」に分類し、内容により

   処方される薬の内容や量が異なる。国はこの事業を医師、保健師、管理栄養士を中心に実施すことを決めています。