過敏性腸症候群
                                過敏性腸症候群

 

    この病気は腹痛、腹部不快感や便通異常等の下部消化管由来の症状が慢性に持続するが原因となる器質的疾患が認められない病気。

  大腸がんなどと違い良性の疾患ですが主要文明国の人口の約10〜15%と高頻度です。

  根本的原因は不明だが、その特徴として@消化管運動異常 A消化管知覚過敏 B心理的異常があります。

  @消化管運動異常:大腸、小腸の収縮が強すぎて腹痛や便通異常を起すものです。ストレスや食物摂取などの刺激で誘発される。

  A消化管知覚過敏:より少ない刺激で大腸に刺激感が起こります。

  B心理的異常:下部消化管症以外に胸部痛、悪心、嘔吐、胸焼け、食欲不振、頭痛、動悸、頻尿、四肢の冷感などの

   多彩な身体症状や抑うつ感、不安感、緊張感、不眠、焦燥感、意欲低下などの精神症状を伴う事が多い。

  ●心理社会的ストレスによって腹痛と便通異常が発症もしくは悪化します。これは脳機能と消化管機能が関連して

   いると考えられます。血便や発熱は見られない。

  臨床検査では血液、血球数、尿、便、大腸内視、上部消化管、腹部、胸部X線、CT検査等で悪性か炎症腸疾患かの確認が重要です。

  ▲治療としては生活習慣の改善→低残渣食さしょくは避け高繊維質食を摂りましょう。

   強い香辛料、アルコールも控えます。食事以上に夜食、睡眠不足、心理社会ストレス、食事量のバランスなど様式を改善しましょう。

  ▲次に薬物療法となります→高分子重合体、消化管運動調節薬を投与し、改善がなければ症状別に対処します。

   下痢・・・乳酸菌製剤の併用   腹痛・・・抗コリン薬   便秘・・・下剤

  ▲次の段階では総合病院の消化器科、内科、心療内科での受診となります。

   ストレスあるいは心理的異常の関与が大きければ、精神面での不安かうつが強いのか臨床医が判断します。

  ▲さらに、消化管機能もしくは心身医学、心療内科の専門家がいる施設を受診することを勧めます。

   症状に心理的異常が影響している場合:心身医学・心療内科領域か否かの判断が必要です。 

   例えば、幻覚、妄想、パーソナリティ障害がある場合は精神科での治療となります。

   心理的異常が影響していない場合:慢性偽性腸閉塞などの似た重度の消化管運動異常症を除外する必要がある。

  ☆過敏性腸症候群は昔からあった病気ですがきちんと研究され出したのはここ20〜30年ほどです。

   診療に手間がかかるので、この病気を敬遠する医師もいます。しかし、心と体の両方を扱わねばならない代表的な

   病気なので、話をしやすい主治医とこの症状のセルフ・コントロールをつけられるように治療を進めて行く事が重要です。

      ★日常生活に支障を来さない限りは積極的な治療は必要ない。栄養障害に陥ることは殆どないので栄養療法は不要である。

   しかし、精神的な因子が大きいので、不安を取り除くような患者の訴えを傾聴し、病状について十分に説明する事

   が大切である。また食生活やライフスタイル、ストレスの解消法などを指導することで症状の改善が見られる。

  食事療法の基本

   ◇下痢型

     @非水溶性食物繊維の多い食品、冷たい飲み物、辛い香辛料、炭酸飲料、カフェインなどは腸管運動を亢進

      するので控える。

     A乳糖不耐症などの食物不耐症が存在することもある、乳糖のような消化・吸収されない物質が腸内にあると、

      腸内の浸透圧が高まって水分が再吸収されにくくなる。また、腸内に多量の水分が移行してくるので、下痢になる。

     こうした下痢の場合は、原因となる食品の摂取をやめれば治る。原因となりうる食品は牛乳のほかに、アルコール、

     難消化性多糖類(オリゴ糖、キシリトールなど)、柑橘系ジュースなど。食事と腹部症状との関係を観察する必要がある。

     Bガストリンの分泌が過剰に起こっている場合もありこのタイプでは、胃酸分泌を亢進させる食品(アルコール、

     カフェイン、炭酸飲料、肉エキス、香辛料など)の摂取を控えてみるとよい。

     Cストレスなどにより腸管運動が活発になると、内容物の通過時間が短くなる。結果、腸での水分吸収が間に合わなくなり、

      下痢となる。

     腸管を安静にする為、冷たいものの過飲食、脂肪の摂取、食物線維の多い食品、香辛料、炭酸飲料、カフェイン、

     などの摂取は控える。また、ビフィズス菌、乳酸菌含有の乳酸飲料を摂取する。

     D水溶性食物線維の摂取は、便性状の改善、回数の軽減が期待できる。ペクチン、難消化性でんぷんを多く含む

     食品の摂取を勧める。

    ◇便秘型

            @食物繊維の摂取量(水溶性食物繊維、非水溶性食物繊維共に)を増やす。

     A水分を十分にとる(2000〜2500ml/日)。冷水や起き抜けの水で、胃結腸反応を刺激する。冷たい牛乳などもよい。

     B酸味の強い果実、酢の物、梅干なども腸管の刺激となる。適度に脂肪をとることにより腸管が刺激され、また便の滑りがよくなる。

     C精神的ストレスなどにより、腸管が過度に緊張し、蠕動運動が強くなりすぎて起こる場合がある。

       ストレスを上手にコントロールできるようにアドバイスする。

    ◇下痢と便秘を交互に繰り返す  

     @水溶性食物繊維の摂取を勧める。リンゴなどペクチンを多く含む食品補助食品で5〜10g程度食物繊維を補うと

     便性が改善し、患者のQOLが向上する。

     Aビフィズス菌、乳酸菌を含んだ飲料などの腸内環境の正常化に有効な食品をとる。      

                     

考えよう!腸をいたわる食生活

 ●腸をいたわる食事のポイント

   腸を健康に保つポイントは「食物繊維をたっぷりとる」「腸内環境を整える」「水分を十分にとる」「適度な運動をする」である。

  しかし、近年は、ファーストフードやスナック菓子、清涼飲料水などのジャンクフードで食事を済ましている人が多く見られる。

  これらの食事の特徴は高脂肪・高糖質・低食物繊維だが、こうした食事では腸内環境の悪化、蠕動ぜんどう<運動の低下などが起こり、

 それが原因で下痢や便秘などの腹部症状を訴える人が増えている。

 日本の古来からの食生活を見直し、主食、主菜、副菜(汁物)をそろえたバランスの良い食事を取る事が大切である。

 主食はパンや麺などよりも米飯(とくに胚芽米や玄米などがお勧め)やアワやヒエなどの雑穀を混ぜたりしたものを食べるとよい。

 また忙しい朝などには、小麦ふすまの含有量が多いシリアルなどを取るのもよい。

 野菜は生で食するよりも加熱したほうがかさが減り、たくさん食べる事が出来る。けんちん汁や豚汁のような具だくさん

 の味噌汁や、きのこや海藻たっぷりの常備薬を用意しておくとよい。

 ●プレバイオティクスと食物繊維の摂取

  従来は「非栄養素」として扱われてきた食物繊維であるが、その生理作用が明らかになるにつれ、人間の体に必要不可欠な

  第6の栄養素とまでいわれるようになった。食物繊維や「ご飯」などに含まれる難消化性でんぷんのように、非消化性の成分で、

  特定の腸内細菌を活性化させたり、成長を刺激し、生体に有益な作用を示すものをプレバイオティクスという。

  食物繊維は腸内細菌がすみやすい環境を整え、腸内細菌のエサや栄養剤にもなる。

  食物繊維は小腸で消化されず、大腸に到達したでんぷん(難消化性でんぷん)は腸内のビフィズス菌や乳酸菌によって

  発酵を受け、酪酸、酢酸、プロオン酸などの短鎖脂肪酸を産生し、大腸粘膜の上皮細胞のエネルギーとなることが

  知られている。食物繊維は野菜・豆類・キノコ類・海藻類・果物・こんにゃくなどに多く含まれている。便量を増やし、

  腸管の運動を活発にする食物繊維(不溶性)と、便の水分が必要以上に吸収されるのを防ぎ、軟らかさを調節する

  食物繊維(水溶性)をバランスよくとることが大切である。食物線維の1日の摂取目標は20〜25gである。

 ●プロバイオティクスと乳酸菌、ビフィズス菌の摂取

  人間の腸内には、約500種類、100兆個もの腸内細菌が存在するといわれている。これらの菌はそれぞれの種類ごとに

   集団を形成して腸内に住み着いていることから、腸内細菌叢さいきんそう或いは腸内フローラと呼ばれている。

   腸内細菌には、乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌と、大腸菌やウエルシュ菌などの

   悪玉菌があり、健康な状態では善玉菌が一定のバランスを保っている。しかし、病気、食事の偏り、外来菌の進入、

   ストレスなどによりその菌叢きんそうのバランスが崩れると、下痢や便秘などの腹部症状のほか、

   様々な病気の原因になるといわれている。

   プロバイオティクスとは腸内細菌叢に変化を及ぼし、健康に有益な作用をする生菌を摂取することである。

   ビフィズス菌や乳酸菌を含む乳製品や、漬け物、納豆などの発酵食品を積極的にとって、悪玉菌の増殖を抑え、

   腸の働きを整える事が大切である。

   腸内環境を改善することには下痢や便秘の予防だけでなく、ビタミンB群の合成、免疫の活性効果など、いろいろな

   機能も明らかになってきている。薬の安易な服用は酵素を作る腸内細菌のバランスを崩す。

   酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎは酵素を浪費する

   プロバイオティクスとプレバイオティクスとを組み合わせてとることをシンバイオティクスというが、これらが腸内環境を

   整え、便通や腹部症状を改善する大切なポイントである。 

             

腸をいたわりのレシピ

   △五穀米の混ぜご飯

   エネルギー 534kcal      蛋白質 14.8g   脂質 9.3g   食物繊維 2.7g   塩分1.2g

    材料(2人分)

   米・・・1+1/4カップ   五穀米・・・1/4カップ   野沢菜漬け・・・80g   ごま油・・・大さじ1   ちりめんじゃこ・・・30g      白ゴマ・・・小さじ1

   作り方

   @炊飯器に洗った米と五穀米、水を入れて浸水させ炊く。

   A野沢菜漬けはみじん切りにし、水気を絞る。

   Bフライパンにごま油を熱し、野沢菜漬け、ちりめんじゃこをさっと炒め、火を止めてから白ゴマを混ぜる。

   C@のごはんが炊き上がったら、Bを入れてほぐす。

   △白身魚のきのこソースかけ

   エネルギー 222kcal   蛋白質 19g   脂質 9.3g   食物繊維 4.5g   塩分 1.2g

  材料)2人分)

   白身魚・・・2切れ  塩・こしょう・・・各少々  オリーブ油・・小さじ2  

   きのこソース・・・きのこ(えのきだけ、生しいたけ、舞茸、エリンギ、マッシュルームなど)・・・250g

   にんにく・・・1/2片  フレンチドレッシング(市販)・・・大さじ3

   パセリのみじん切り・・・少々

  作り方

   @白身魚は軽く塩をしてしばらくおく。

   Aきのこは食べやすい大きさに、にんにくはみじん切りにする。

   B@の魚の水気をふき取り、塩・こしょうし、オリーブ油を入れたフライパンで両面をこんがり焼く。

   C魚を取り出し、フレンチドレッシングときのこ、ニンニクを入れて、しんなりするまで炒める。最後pにパセリのみじん切りを合わせる。

   D皿に魚を盛り、上から炒めたきのこソースをかける。

  △茎わかめの炒め煮

  エネルギー 129kcal   蛋白質 2.6g   脂質 5.9   食物繊維 4.9g   塩分 1.2g

  材料(2人分)

   茎わかめ・・・150g  糸こんにゃく・・・50g   車麩・・・4g  酒・・・50cc  油・しょうゆ・みりん・ごま油・白ごま・・・各大さじ1

   @茎わかめは食べやすい大きさに切る(塩蔵品は塩抜きを十分に)

   A糸こんにゃくは下ゆでしてあくを抜いておく。

   B車麩はぬるま湯で戻し、水気を切って食べやすい大きさに切る。

   C鍋に油を熱し、茎わかめ、糸こんにゃく、車麩を入れて炒める。油がまわったら、酒、しょうゆ、みりんを加え、汁気がなくなるまで炒める。

   D最後にごま油、白ゴマをいれて、火を止める。

  △もずくスープ

  エネルギー 89kcal   蛋白質 9.5g   脂質 5.9g   食物繊維 4.9g   塩分 1.2g   

    材料(2人分)

   もずく・・・50g  鶏ささみ肉・・・50g   菜の花・・・30g   卵・・・1個   ごま油・鶏がらスープ・・・各小さじ1  

   水・・・400cc  生姜汁・・・小さじ1  片栗粉・・・・小さじ2  水・・・大さじ2  塩・こしょう・・・各少々      

    作り方

   @もずくは洗って食べやすい長さに切る。

   A鶏ささみは筋をとり、細かく切る。

   B菜の花は2cmの長さに切る。

   C鍋にごま油を入れてささみを炒め、水・鶏がらスープを加える。煮立ったら菜の花を加え、塩・こしょうで味を調える。

   D片栗粉を水で溶き、沸騰した汁に少しずつ入れとろみをつける。

   E最後に溶き卵を少しずつ加え、軽く混ぜたら火を止める。 

  △擦りリンゴゼリー

    エネルギー 63kcal   蛋白質 1.9g   脂0g   食物繊維 0.7g   塩分 0g 

  材料(ゼり−型5個分)

    リンゴ(大)・・・300g程度のもの1個  レモン汁・・・大さじ1  砂糖・・・40g  水・・・250cc  ゼラチン・・・10g  水・・・50cc

  作り方

   @ゼラチンは50ccの水の中に少しずつ入れて、ふやかしておく。

   Aリンゴはよく水洗いしてから4等分し芯を取り皮をむく(皮はすてないでとっておく)

   Bレモンは絞っておく。

   Cリンゴは擦り下ろし、すぐにレモン汁と混ぜ合わせる。

   DCを耐熱の容器に入れて約3分間加熱する。

   E鍋に水と砂糖。リンゴの皮をいれ、沸騰させる。沸騰したら火を止め、皮を取り出してからCのゼラチンを入れ

    だまが残らないように混ぜる。

   Fゼラチンが溶けたら、Dのリンゴを加え混ぜ合わせる。

   Gボウルに氷氷はり、Fを鍋ごと冷やし、とろみがついたらカップに流し、冷蔵庫で冷やし固める。

   H型の底を湯にさっとつけて型からはずし、器に盛る。

  △プルーンの紅茶漬け

   エネルギー 58kcal   蛋白質 0.7g   脂質 0.1g   食物繊維 1.8g   塩分 0g       

    材料

   プルーン・・・8〜10個  紅茶抽出液・・・適宜

  ワンポイント

   プルーンには食物繊維が豊富に含まれています。またソルビットという糖質にも緩下・整腸作用がありますので

   便通を整えるには最も適した食品です。

  作り方

   @紅茶を入れる

   A保存容器にプルーンを入れ、紅茶をひたひたになるまで注ぐ。

   B一昼夜で食べられるようになる。

                                           戻る