医者が教える最強の食事術

  健康格差は毎日の[食べ方」で決まる 食事はパフォーマンスを上げる最強のスキル。糖尿病の専門医として38年間、延べ20万人以上の患者さ

  んを診てきた医者として糖尿病の患者さんは働き盛りのビジネスマンに多いのですが、実は糖尿病があると、心疾患や脳疾患、癌や認知症など

  あらゆる病気にかかりやすくなります。そのため、糖尿病の治療だけに専念しているわけにはいきません。むしろ、様々な病気の予防や早期発

  見に努めることが重要な課題になります。そうした日々を過してきた目には、一見同じように働いているビジネスマンの中に大きな健康格差が広

  がっていることが見て取れます。80才位まで働いて、100才を超えても元気でいるだろうと思える人がいる一方で、定年までの段階で命に関わる

  病気に見舞われてしまうのではないかと心配になる人が沢山います。例えば、40才前後のビジネスマンを100人集めたとしたら、そのうちの2割

  くらいが健康上流で、残りの8割は残念ながら健康下流と言わざるを得ません。その格差は、40才の段階ではなかなか自覚できないかもしれま

  せん。しかし、実際には仕事のパフォーマンスが落ち、確実に健康は蝕まれていきます。そして、50代を迎えた当たりから現実的な病気として現

  れ始めます。ビジネスマンの間に健康格差を作り出しているのは、間違いなく「日々の食事」です。食べる物は、貴方が考えているよりもはるか

  に、貴方の健康を左右し、仕事のパフォーマンスにも影響を与えます。バリバリ働くビジネスマンが最も大事にしなければならないのは、売上高

  でも人脈でもなく、働いている自分自身に、いかに正しい栄養を注入するかということです。ところが、自分の体には無頓着の人が多いのです。

  ✦不調の原因の9割は「血糖値」である 人体のメカニズムに沿った正しい食事とは?今は、健康と食事の関わりについて考える人も増えており

  知的なビジネスマンであれば、「○○が体にいいらしい」などと言う情報にも敏感に対応していることでしょう。しかし、そこには大きな落とし穴が

  あります。皆さんは[○○がいい」[○○は悪い」とその成分にばかり着目していますが、実はそれよりもはるかに重要なことがあります。人間の体

  には[消化・吸収のシステム」が備わっています。それによって口から食べた物が消化され、「形を変えた栄養素」になり、必要に応じて吸収され

  ていきます。この「形を変えた」というところが大事で、食べた物はそのまま肉体の一部になるわけではなく、代謝の過程で構成を変え、様々な物

  質へと合成されていきます。こうした仕組みを理解する学問を「生化学」と言います。生化学は生命現象、いわば人体のメカニズムを究明するも

  のです。人間は昔から変わらない消化・吸収のシステムを持ち、それをコントロールしているのが「腸の指令」です。こうしたメカニズムから逸脱

  する食事法というのは本来あり得ません。しかし世の中には、多くの”あり得ない"食事法が次から次へと登場しています。生化学を深く学び、食

  べ物が消化・吸収する過程において人間の体にどんな反応が起きるかを熟知している者から見ると、絶対に口にしてはならない物が現代社会

  には溢れています。缶コーヒーやジュースといった「咀嚼を必要としない物質」などは、その典型です。しかし、多くのビジネスマンが、毎日それら

  をせっせと吸収しているのです。・じわじわと増えてきた体重が落ちない ・血圧が高いと指摘された ・疲れやすい ・仕事中に眠くなってしまう

  ・集中力が続かない 貴方も色々な不調を抱えていることでしょう。実は、そうしたことの根本原因は、「血糖値」にあります。ビジネスマンを悩ま

  す病気や不調の9割以上は血糖値の問題です。血糖値が高いこと、或いは急激な上昇下降と繰り返すことが、私達の体に想像以上のダメージ

  を与えます。そして、それは現代人ならではの「食事様式」が生み出しています。よく「バランスのいい食事をとりなさい」などと指導されますが、

  一体何を持ってバランスのいい食事なのか、殆どの人が理解できていません。「いいつもり」でやっていることが、「太る→老ける→病む」という

  流れを作ってしまっているのです。