医者の 

はじめに 欺瞞の渦 医者の嘘と隠蔽
机上の空論 放置療法 マスコミの罪と罰 行き過ぎた癌報道
使命放棄 医者の怠惰・無知 製薬・サプリメント業者の罪と罰 薬の真実
患者無視 治療選択の妨害 日本は時代遅れ 理想の癌治療設計

  日本の医療は迷走を続けており、医療サービスの土台を支える国民医療費の増大はとどまるところを知らず、今や41兆円を超え、将来的に制度が維持できるのかさえ不安視されています。

  原因を高齢化で片付けるきらいがあるが、それで良いのでしょうか。そもそも、死因として最も多い癌医療費が重くのしかかっています。他にも、無駄な検査、手術や薬の処方がいかに多いこ

  とか。日本の医療には、時代遅れで無駄遣いの部分が多いと、考えます。現在、癌標準治療の中心となっている3大療法(手術・抗癌剤・放射線)のうち、特に抗癌剤に関しては解決すべき

  問題があり、21世紀の現在、欧米で抗癌剤といえば、新しいタイプの分子標的薬が主役となっており、殺細胞剤(日本の主流)は脇役に過ぎず、世界の癌治療は様変わりしているのです。

  しかし、我が国の癌治療では、新しい治療法が正しく評価され、十分に活用されているとは思えません。これでは日本の医療は世界で立ち遅れて行くばかりです。最近、世界初、日本発の

  「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれる薬が登場して、日本でも癌治療に免疫が重要であることが認識されだしました。しかし、この薬剤(商品名オブジーボ)には問題点が幾つかあります。

  まず、「高額であること」です。この薬を使うと、平均的な患者で1人当り年間約3500万円。厚労省が見直しを検討し、2016年11月薬価が50%下がることが決まりました。それでも年間1750万

  円と高額です。しかも、完治はせず延命する薬なので、患者が生きておられる限り治療を続けることになり、最終的に天文学的な額になるものと見込まれます。その先には、患者や家族の

  自己負担増も懸念されます。今は高額療養費制度が機能しているから月10万円程度で済んでいるが、こうした薬で延命する患者が増えると国の財政が持たないので、近い将来、自己負担

  額は急増する可能性があります。すると米国のようにに「大病すると破産」が当たり前になります。更に、オブジーボは、誰に効くのか使ってみないと分かりません。そして、最も大きな問題は

  あまり報道されない致命的な副作用が高頻度に(10人に1人)で出ることです。それでも、一つだけ良いことがあり、癌治療に免疫の重要性が専門医にも浸透し態度が変わったことです。

  「医者の嘘」を上梓(じょうし)した時、相当の反発を覚悟したが、意外に医療界から直接の反論や批判はなく、むしろ、感謝の声を頂きました。患者からも沢山の激励の言葉をもらいました。

  同時に、身辺に気をつけて下さいとも注意され医療界への影響を懸念してくださったのだと思います。再度危険を顧みず、医療の問題点を世に問おうと思ったの

  は、癌治療の現状をこのままにしては、患者も救われず、国も滅びてしまうという危機感からです。加えて、最近、飲んではいけない薬、受けてはいけない手術、ジェネリック医薬品の問題

  等が、週刊誌などに、上記「医者の嘘」で警鐘を鳴らした以降、盛んに特集されるようになりました。多くの患者を内視鏡で見てきて、早期に治療できた消化器癌の5年生存率は、既存の

  標準治療で95%以上になるが、遠隔転移した胃癌や大腸癌では、それが5~10%に下がり、殆ど助かりません。早期発見が何より大事なのです。現実には、すでに手遅れの進行癌という

  場合が少なくありません。そういう人を助けるには、手術、抗癌剤、放射線の標準治療とは異なる、免疫を考慮した画期的な治療法を取り入れなければ「完治」という言葉を使えません。

  それは「ANK療法」といい、12年前に始まり、癌免疫の主役であるナチュラルキラー細胞を増殖強化して体内に戻す治療法です。最近ではステージⅣでも標準治療と併用して完治が増えて

  きました。この療法を望む患者が全国から訪れるが、実態は悲惨です。標準治療をやり尽くしてから、「最後の頼みの綱」と思ってくるのですが、それでは免疫がすでに大きなダメージを

  受けていて、望むような効果は期待できません。その背景には、医者の罪もあるのです。標準治療に携わっている医者たちは、免疫療法を否定します。即ち、癌患者の選択権を奪い、

  自分たちに都合のよいように誘導しているのです。21世紀の医療を否定し、自らの縄張りや権威を守ろうとしている医者の存在があるのです。このような旧態依然とした思考回路を持つ

  医者達が年寄りというわけではなく、若い年齢の医師なので呆れるばかりです。その対極には「癌は放置すべき」という偏った自説を振りかざして、多くの患者を惑わせている医者もいます。

  又、患者の無知に付け込んだ「癌ビジネス」をもくろむ悪徳医者もいます。彼らは免疫療法を標榜して、CTなどの画像を加工してあたかも著効例であるかのように見せかけている医療機関

  は眉に唾してみたほうがいいでしょう。まだまだ拒絶的な医者が圧倒的に多い、嘆かわしい現状は変わっていません。癌以外でも状況は同じです。医学常識は常に医学の進歩とともに

  覆るのは当然です。多くの医者は、従来「医学常識」とされてきたことを根拠に、新たな知見を無視して、患者を救うことを放棄し、唯食い物にしてはいないでしょうか。数々の医者の罪が

  医療不信や、国家財政の逼迫による医療サービスの危機に拍車をかけています。人命を軽視し、国民医療費を食い物にしている医者は、悔い改めねば罰を受けるでしょう。