健康寿命120才説

  ○エピローグ

  ★検診を受けた人ほど早く死ぬ  「ワシは、長生きの為定期健診は欠かしておらんのだ」こう自慢して、胸をそらす人が殆どでしょう。鹿、次の警告に仰天するでしょう。

  「いかなる検査・健診も受けてはいけません」健康維持に熱心な方にとって、耳を疑い、目を疑う言葉です。でも日本の予防医学の権威の言葉です。「検査を受けた人が、

  受けない人より長生きする、と言うデータは存在しない」「検査を受けた人のほうが、早死にしているのです」因みに、「癌などを早期発見しても治療法が間違っている。だから、

  早期に殺害されてしまう」

  ★肺癌検診、受けた人ほど肺癌死  検査を受けた人ほど早死にすると言っても、検診受けないと、病気が見つからないじゃないか?こう反論したくなるのも分かります。

  自分の健康状態は、自分でチェックできます。野生の動物を見習いましょう。彼らは、具合が悪くなると、無理をせず、巣穴にこもって、横になり身体を休めます。そして、回復する

  までは、何も食べません。ここが、大切です。「食うな」「動くな」「寝てろ」−これこそが不調を治す決め手なのです。

  ★病院に行くな  病気が心配だと相談を受けると「病院に行くな!温泉に行け!」と言います。病院にノコノコ出かけて行くのは、まさに死に行くのと同じです。病気の原因は、”体毒”です。

  まずは、”毒”を身体の外に出す必要があります。そこで、大切なのが血行です。血行障害は、身体のあちこちに”体毒”を滞らせてしまうのです。さらに、患部への酸素や栄養の供給を

  妨げます。体温低下を招きます。体温が下がると、確実に免疫力が下がります。すると万病、とりわけ発癌のリスクが急増します。低体温こそ、まさに癌の温床なのです。

  つまり、低血流は、低酸素、低栄養、低体温という万病を起こす状態にしてしまうのです。つまり、万病予防、万病治療は、まずは血流改善が第一です。血流改善にベストの療法は

  温浴療法で、温泉です。更に、各地の温泉には、様々な効能があり、それは医学的にも証明されています。癌治療にも温泉はお勧めです。癌治療は@笑うことA食事を菜食に

  B体を温める。まさに3拍子揃っているのが温泉です。温泉に入れば笑いがこみあげます。山菜料理でも食べれば血液もきれいに。貴方は、苦痛でつらい病院と、快適で楽しい温泉と、

  どちらを選びますか?

  ★遊び、楽しみ、愛すために生まれた  「遊びをせんとや、生まれけむ」これは『梁塵秘抄』の中にある今様の一説です。人は、どうして、「この世に生を享けたのでしょう?

  決して、苦しむため、悲しむためではないはずです。古の人が、この今様に込めたのは「大いに遊べ!楽しめ!」というメッセージです。人生で究極の楽しみは「男女が愛し合う」

  ことでしょう。「いやあ、無理だろ」と元気の無い中高年への100才超えへの一歩を踏み出す長寿への道は、気楽に始める5点セットを紹介します。@小食A菜食B長息C筋トレD愛情

  笑いながら、楽しみながら、やることです。

  ★笑顔でレッツ・スタート!  ▼小食:最初は、まず週末に1日食事を抜く。それでも、めまいがしたらバナナを1本食べましょう。血糖値を上げてくれます。慣れたら3食のうち朝食を

  抜いて2食に、これで半断食です。これでも、体調は劇的に快適になります。中高年になれば、1日1食ぐらいがお勧めです。持病のある人は、悩みが嘘のように消えていきます。

  糖尿病や癌など慢性患者の人は、適切な管理の下に少食・断食を組み合わせて行います。半年で10cmの癌が消滅した臨床例もあります。▼菜食:ベジタリアンにもランクがあります。

  @セミ・ベジタリアン:肉は食べないが、魚などは食べる。日本の伝統食がそれです。 Aオボ・べジタリアン:肉・魚を食べないfが、卵は食べる。 Bラクト。ベジタリアン:肉、魚など

  動物食は食べないが、乳製品はとる Cビーガン:乳製品や卵を含め動物食は一切口にしない。▼長息:お勧めは「数息観」です。自分の吐く息を心の中でゆっくり数えます。その時

  肛門を締めて、意識を下腹(丹田)に集中すれば、それが丹田呼吸です。次第に数える時間が長くなります。▼筋トレ:1日5秒以上、筋肉に80%以上の負荷をかける。アイソメトリックス

  (静的筋トレ)は、どこでも、いつでもできます。女性は、ウエストのくびれたボデイラインに、男性は逆三角形のマッチョ・ボデイを約束します。▼愛情(セックス):これは、貴方次第です。

  「もう、あかん」と思ったらほんとうにあかん様になります。「死ぬまで愛を!」「死ぬまでセックス!」の心意気が、貴方を、若々しく輝かせるでしょう。もしかして、120才まで生きられるかも?

  「想いはかなう」「思考は現実化する」−ポジテイブな考えが長寿につながります。