栄養の力

    どう変わった?診療報酬

  平成22年度の診療報酬改定では、栄養サポートチーム加算が新設されるなど、注目すべき改定が行われました。治療における栄養の意義が認識された

  ことの証ともいるこの改定に対応する為には、何をすれば良いのでしょうか?

  ✲栄養に関する診療報酬改定のポイントとその意義

  平成22年度診療報酬改定では重点課題として、「救急、産科、小児、外科等の医療の再建」と「病院勤務医の負担軽減(医療従事者の増員に努める医療機関

  への支援)」が揚げられた。その中で入院医療の充実を図る観点から、医療関係職種の役割分担と連携を基本的な考え方として、急性期入院医療における

  栄養管理や呼吸器装着患者の管理等について栄養サポートチーム(NST)及び呼吸ケアチームへの加算が試行的に評価される様になった。これにより、

  医療関係職種から成るチームに依る取り組みが行われるようになる為、病院勤務の負担軽減にもつながり、医療の質も向上することが期待されている。

  ✣栄養サポートチーム加算:栄養サポートチーム加算とは、栄養障害の状態にある患者や、栄養管理をしなければ栄養障害の状態に成ることが見込まれる

  患者に対し、患者の生活の質(QOL)の向上、原疾患の治癒促進及び感染症などの合併症予防などを目的として、栄養管理に関する専門知識を有した

  多職種からなるチームが診療することを評価し、算定したものである。NST加算は、7対1入院基本料又は10対1入院基本料を算定している急性期一般病棟に

  入院し、栄養管理実施加算が算定され、かつ次の4つのうちいずれかに該当する患者について算定できる。

  ✦血中アルブミン値が3.0g/dℓ以下であって栄養障害を有すると判定された患者。

  ✦経口摂取又は経腸栄養への移行を目的として、現に静脈栄誉を実施している患者。

  ✦経口栄養への移行を目的として、現に経腸栄養を実施している患者。

  ✦NSTが、栄養治療により改善が見込めると判断した患者。

  

  尚、平成18年に新設された後期高齢者退院時栄養・食事指導料については、栄養サポートチーム加算の新設に伴い廃止された。

  ✣摂食障害入院医療管理加算

 

  

    更に今回の診療報酬改定では、「摂食障害入院医療管理加算」

  が新設され、拒食症など精神的な影響により摂食障害に陥った

  患者に対する医療管理が評価の対象になった。

 

  ✣その他栄養等に関する関連留意項目について

  

  

    医師の食事箋都は、医師の署名捺印がされたものを原則としているが

  オーダリングシステムなどに於いては、医師本人の指示であることが

  確認できるものについても認められた。

 

 

 

 

  ✲病院管理栄養士が今後学ぶべき技術と心構え

  日本栄養士会では、NST加算に従事する専任・専従者の栄養管理に関わる所定の研修を計画している。NST加算については経口的に摂取する食事のみならず、

  静脈栄養、経腸栄養などトータルな栄養補給、栄養管理が必要である。今回は栄養管理に関わる所定の研修を修了した医師、看護師、管理栄養士が

  NSTを構成することが要件になっているが、このNST加算の内容については所定の研修だけで業務を遂行するのは不十分であると考えられる。

  日本栄養士会では生涯学習制度、特定分野認定制度、専門管理栄養士認定制度を有機的・効果的に位置付ける事により、管理栄養士・栄養士の

  卒後教育体系を構築することを目指している。中でも、経腸栄養管理分野の専門性を有する人材として、国際的研修システム(TNT-D)を導入し、

  研修と認定試験により合格者を日本栄養士会が認定する仕組みである。

  研修の目的として、✶栄養サポート業務の最新知識 ✶栄養アセスメントから栄養サポート計画の実施、モニタリングにおける管理栄養士の役割を最大限に

  発揮する為のシステム、方法、及びツール管理における理論及び実際的なテクニックを提供する。✶患者のケアにより良い結果をもたらす為の栄養ケアに

  携わる管理栄養士以外の業務について理解を深めること、としている。日常の業務において積極的に研鑚を積み、知識と経験を養いリーダーとしての 

  技量・力量を備えマネージメント能力も養ってもらいたい。NST加算の新設については、今回は急性期病棟に限られている。試行的に評価されているため

  きちんと結果を出さなければ今後の診療報酬改正の際には点数がなくなることも考えられる。反面、きちんと結果を出すことが出来れば慢性期病棟、

  療養型施設、地域、在宅への拡大も期待される。また、医療費削減に貢献できれば点数の増額も考えられるのでは?

  チーム医療とは1人の患者についてそれぞれの分野の専門スタッフがチームを組んで問題解決に取り組む事である。