戻る

人工透析の場合の金額は実数の1/10です

人口透析の個人負担分は「高額療養費制度の特例の場合

糖尿病の実態調査(平成14年)

                         糖尿病が強く疑われる人        740万人       治療を受けている人   半数

                         その予備軍                880万人       自覚症状がないので放置→要検査

                              計               1620万人

                                                                  成人の6.3人に1人    4人に1人(40才以上)

        糖尿病を疑う要素として遺伝的体質をはじめ

       @20代に比べ体重が1割り以上増えていたり、健康診断で「太りすぎ」と言われたりした人

       A食後2時間の検査で食後高血糖と診断された人

       Bよく飲み、よく食べ、さらに運動不足の人

       ● 糖尿病には肥満、家系、食生活などのライフスタイルが大きく影響することになる。

         糖尿病が進むと合併症により、眼や腎臓、神経障害をもたらしたり、動脈硬化による心筋梗塞

         や脳卒中を起こすことになる。

       ● 糖尿病は「三多一少」=多飲、多食、多尿という現象(三多) + 体重が減る(一少) 

           肥満は過食です。糖が出て尿がたくさん出るので喉が渇き、水をたくさん飲むようになる。

         体内でブドウ糖が利用できなくなり,尿と共に排出されインスリンが足りなくなり、蓄えていた

          エネルギーを使い、食べても食べても痩せることになる。  

                    BMIが25以上の人は注意が必要→この約3割が食後の血糖値が急激に上がりやすい。しかも、

         食後血糖値が高い人は動脈硬化が進みやすく、一般の検査ではひっかからないという特徴を持つ。

              ◆糖尿病にかかりやすい条件のチェックリスト

      1 血縁者に糖尿病がある(女性では妊婦糖尿病の既往あり)   3点

      2 20代前半よりも体重が10%増えている             2点

          3 血縁者に肥満、脳卒中、心臓病(狭心症など)がある     1点

      4 砂糖や脂肪分を好んで食べる                1点

      5 車が足がわり(運動不足)                 1点

      6 アルコールを良く飲む                   1点

      7 ストレスが多い(せっかち、イライラ)           1点

               ◇計6点以上は要注意