生涯健康脳

  「一晩寝たら、世界が変わった」ということは、医学界の世界ではよくあることです。そのくらい医科学の世界の進歩は目覚ましく、今まで治らないと思われていた「認知症」も、近い

  将来、克服できるかもしれないと思える研究成果が次々と発表されてきています。ここの研究テーマは「生涯、脳を健康に保つにはどうしたらよいのか」にあります。人が誕生して

  から幼児、青少年期を経て成人となり、そして老いを迎え一生を終えるまで、「脳が健康を保ち人間として幸せであり続ける」にはどうしたらよいのか、すばらしく年を重ねるには

  どうしたらよいのかについて、考えます。今、日本は世界一の長寿国となりました。現在、日本の65才以上の高齢者は3000万人を超え、全人口の1/4を占めるまでになっています。

  そのため、認知症患者の増加と言う大きな問題をかかえることとなり、ただ長生きをすることが喜ばしのではなく、「どれだけ健康で長生きできるのか」が切実に求められるのです。

  そこで5~80才を超えるご高齢の方まで、数千に及ぶデータを集積して「認知力」「生活習慣」「遺伝子」「MRI画像」の4つの分野のデータベースを解析することによって、「どういう

  人が、どういうことをすると、どういうふうになるのか」を明らかにしています。例えば「こういう体質を持つ人が、こういう生活習慣だと、こういう病気にならない」とか「同じような遺伝

  子をもっている人でも、このような生活習慣だと病気になるならない」など、それら4分野の相互のデータ解析から様々な傾向が見えてきます。脳のMRI画像を疫学データとして

  活用している、即ち「体質」や「生活習慣」との関わりで、「脳がどのように変化するのか」についてのデータは貴重です。今後「生涯健康脳」を保つ方法を述べます。10年程前までは

  脳は一度形成されてしまうと形態は変化せず、後は衰えていくだけと思われていました。しかし、そうではないのです。脳はいくつになっても、脳のネットワークによってその機能を

  高め、記憶を司る「海馬」という部分では、神経細胞そのものが新しく生まれ変わる事もわかってきました。脳には機能を回復させる「可塑性」という働きがあることが明らかになり

  ました。「幸せに生きる」ということは「脳を健康に保つ」ことと同じです。嬉しいことに「生涯健康脳」を保つ方法は、日常生活の中で簡単にできることが一杯あります。「今更この歳 

  で」とあきらめずに、「思い立ったが吉日」で、何歳からでも「生涯健康脳」への一歩を踏み出すことが出来るのです。

「生涯健康脳」は自分で作れる! 脳の最高の栄養素は、知的好奇心
「人間の幸せ」のカギは、前頭葉が握っている! 「寝る子は育つ」は本当だった!
認知症の正体を知っておこう 脳は諦めない!
脳に良いこと、悪いこと