健康常識100のウソ

  ◎老化の常識

老化は食い止められない 白内障の原因は老化
老化はスポーツで食い止められる 緑内障の原因は老化
老眼の原因は老化 聴力低下の原因は老化

  50.老化は食い止められない

  癌はもちろん、様々な老化の原因は体内に発生する活性酸素だ。私達は生きていくうえで沢山のエネルギーを消費している。そのエネルギーを作るのが、

  1つの細胞に平均1000個あるミトコンドリアという小器官だ。ミトコンドリアでブドウ糖や脂肪酸が燃やされて、エネルギーが作られる。その為には大量の酸素を使う

  のだが、そのうちの最低2%が活性酸素に変身してしまうのだ。体内では常にエネルギーが作られている。同時に活性酸素も作られてしまうという方程式になる。

  活性酸素が電子泥棒ということは前に述べたが電子を1つ横取りされた蛋白質や脂質の分子は構造が変わり、本来の働きが出来なくなってしまう。その結果、

  老化や病気が起こるのだ。残念ながら、活性酸素は私達人生の伴走者だ。迷惑な伴走者だが、生きるために酸素は必要であり、体の中でエネルギーは常に

  作られている事を考えれば、活性酸素だけを切り捨てることは出来ない。大暴れしないようになだめながら、生涯付き合っていくしかないのだ。しかし、活性酸素が

  康や老化に悪影響を及ぼさないようにはできる。その要となるのが活性酸素の掃除屋・スカベンジャーである。活性酸素はDNAや蛋白質の電子を1つ盗めば満足

  してくれる。それ以上、欲張って電子泥棒になろうとしない。だから、スカベンジャーが素直に電子を渡して活性酸素をなだめておけば、老化の進行を防げるのだ。

  実にシンプルな法則だが、体内にスカベンジャーがあれば、老化のスピードを遅くすることが出来る。

  51.老化はスポーツで食い止められる

  活性酸素の生体への関与が問題になってきたのは、1980年代に入ってからだ。活性酸素は分子生物学上の存在ではなくもっとミクロな観察に基ずく量子生物学

  上の存在である。癌をはじめ、今日、多くの生活習慣病の原因として活性酸素が上るのは、常識になりつつある。活性酸素が体内で休むことなく発生しているのは

  前述の通りだが、エネルギーの大量発生は活性酸素の発生を意味する。そう考えると「スポーツは老化を食い止められる」どころか、「スポーツは活性酸素による

  老化を早める」と言わざるを得ない。スポーツをすれば、通常よりも呼吸が荒くなり、活性酸素の発生も増えるからだ。これは激しいスポーツほど多く見られる現象だ。

  「スポーツをする人は若い」という発想は、活性酸素の生体への関与以前に言われ始めたもので、そろそろ、その常識撤回を言っていい頃だが、まだ続いている。

  52.老眼の原因は老化

  正常な目の水晶体は、十分な弾力を持っていて、必要に応じて焦点距離を合わせる。いわばオートフォッカスになっている。そのメカニズムは、水晶体は蛋白質を

  主成分とするレンズで「水晶体(のう)」と呼ばれるカプセルに収められている。そのカプセルの縁を取り巻く、リング状の「毛様体」がある。この筋肉を収縮すると、

  水晶体の直径が短くなり、レンズが厚くなる。その結果、焦点距離が短くなり、近いところを見る時は、毛様体の筋肉を収縮させて焦点距離を短くするのだ。

  焦点距離が最小になれば、1番近いところにピントが合う。この点を「近点」と言うが、この近点は加齢と共に遠くなる性質を持っている。これは水晶体が弾力を

  無くして、毛様体筋が厚くならなくなったことによる。また、苦労しなくても細かい図形などがはっきりと見える距離を「明視距離」という。正常な目では、これが25cm

  程度だ。近点が明視距離より遠くなった目が、老眼である。老眼は多くの人に見られる現象で、眼鏡で矯正できるので治療を考える人は殆どいないだろう。しかし、

  うっとうしい。初期の段階であれば、栄養条件の改善で良くなる。摂取したい栄養素は蛋白質、レンズの代わりをする水晶体を健康に保つ為には、良質な蛋白質が

  必要だ。アイソメトリックスという「目の体操」がある。まず、眼球が動かない程度に瞼を軽く押さえる。そして、上下左右それぞれの方向に力一杯眼球を動かすのだ。

  4方向に6秒間ずつ眼球を動かすことをそれぞれ3回ずつ繰り返す。瞼を押さえたまま目をなるべく大きく力を入れてぐるっと回す。但し、1日おきにすることが肝心だ。

  何故なら、全力投球することにより、眼筋のフィラメントは1部破壊され、再生する時にフィラメントの数が増えるわけだ。その再生に1日必要なのだ。

  眼筋の中を通る毛細血管から酸素や栄養物質の供給をしているが、この目の体操をすることで、筋肉が太くなり、血管も太くなる。太くなることによって酸素や栄養

  物質の供給量が増えるはずだ。この方法で白内障、老眼、近視、遠視が良くなった人がいる。