健康常識100のウソ

  ◎「脳の常識」14のウソ

良い頭も悪い頭も、先天的に作られる 感情を表現し,ストレスを溜めないほうが良い タバコを吸う人はボケるのが早い
良い頭は学習で作られる 頭を使いすぎるとボケる 脳の鍛錬は会話から始まる
マグロの目玉で頭が良くなる 眠っている脳を起こせば、人間の能力は飛躍的に高まる 脳の機能低下は食い止められない
朝食を抜くと頭が冴える 納豆を毎日食べると頭が良くなる ボケは防げない
食後の脳はコンデイションが悪い 年を取ると脳は鍛錬できない

  36.良い頭も悪い頭も、先天的に作られる

  勉強のできる子供の両親を思い出して「お父さんもお母さんも頭が良かったからねなどと、勝手な理屈をつけて納得したことはないだろうか。多くの人が、良い頭も

  悪い頭も先天的、つまりは遺伝によるところが大きいと考えているようだ。しかし、この話も間違っている。ノーベル賞を受けたボーリング(アメリカ)はある実験で

  小学校のIQ70以下(発達の遅れがあるとされている)の子供を対象に、1996年セントドミニオン大学で大量のビタミン投与の試みで、生徒の30%がIQ90程度まで

  引き上げた。参加した子供の中でIQ25〜30程度の子供たちに大量のビタミンで、改善の兆しがなかったが、更に標準量の300倍(具体的にはビタミンC1500mg、

  ビタミンB1は300mg)まで投与量を上げてみたところ、後に少年は口をきき始め、更にビタミンの大量投与を続けると、1ヵ月後には読み書きができるようになった。

  特に算数の進歩が目立ったと言う。この実験結果から、ビタミンで頭が良くなる、つまりは頭の良し悪しは先天的なものではなく、後天的要素の強いものなのだ。

  慶応大学の林たかし教授も、「良い頭は記憶力がよく、判断力も高く、理解力に優れ、頭の切り替えがうまく、回転が速い」としている。そして、「良い頭も悪い頭も

  生まれつきではなく、後天的に作られたものだ」としている。頭の良し悪しが後天的であることは、言語でついて考えれば分かりやすい。どの国の言語もなかなか複雑な

  ものだが、周りを見渡してみても、日本語を操ることができない日本人は見当たらない。ここからも多くの人間は、さして変わらない頭を持って生まれてきたことが分る。

  つまりは、先天的な要素に捉われずに、日々、どんな栄養を摂るか、どんな栄養が脳を活性化させるかである。毎日ビタミンを摂取すれば、間違いなく頭は良くなる。

  37.良い頭は学習で作られる

  良い頭は後天的に作られる、またその為にはビタミンが大切だ。と言う事実は理解されたと思うが、とは言え、頭が良くなるためには、栄養よりも学習が大切と

  考えている人が多いのではないだろうか。脳を自動車と考えてみよう。速く走らせるためには、車自体の性能が大切になる。次に必要なのがドライバーの技術だ。

  こう置き換えると、自動車の性能を高めるのが栄養で、ドライバーの技術を高めるのが学習といえる。どんなにドライバーの腕が良くても、車が故障してしまったら

  走ることは出来ない。となると、学習よりも、まず栄養こそが、脳の働きを大きく左右するものだと考える。栄養で重要になるのは、蛋白質、ビタミン、ミネラルだが、

  車に例えるなら、蛋白質はエンジンを作る物質、ビタミン、ミネラルはエンジンの動きをスムーズにするオイルの役割を果たす。この栄養を十分に摂取すること、

  とりわけビタミンは良い頭を手に入れるための大切な栄養素だ。

  38.マグロの目玉で頭が良くなる

  何時頃からか、マグロのめだまがで頭が良くなると言われ、魚の目玉に注目が集まった。これは、魚の目玉に「DHA」と呼ばれる脂肪酸が多く含まれているから、と言う

  理由だった。DHAの効用を語る前に、記憶の構造を知らなければいけない。情報はニューロン(神経細胞)からニューロンへと伝達される。伝達される時は、神経伝達

  物質となってつながっていく。その場合、必ずつなぎ目があり、それをシナプス(接合部)と呼ぶ。このシナプスの膜にDHAが含まれているのだ。シナプスがニューロン

  を結びつけることが出来れば、頭は良くなる=シナプスの膜に含まれるDHAを摂ると頭がよくなるという神話である。しかし、このDHAは、マグロや青魚の目ばかりに

  あるものではなく、人間の網膜にもあるし、魚の身にもある。そもそも、DHAは目にも脳にも必要な物質だから、マグロや青魚からしか摂れないわけではない。

  人間も自前で作っている、そうでなかったら、海のない地方や魚嫌いの人は、皆、脳が劣っていると言う話になってしまう。人間はDHAをEPAから作っている。

  このEPAも自前で作れるが、それは魚脂にたっぷり含まれている。だから目の色を変えてマグロの目玉に飛びつくことはないのだ。また、EPAもDHAも不飽和脂肪酸で

  あって酸化して過酸化脂質になりやすい。これは活性酸素を発生する危険物質なのだ。その危険度はDHAのほうがEPAより大きい。その点を考えずDHAに飛びつく

  のはどういうことか。ニューロンのシナプスもまた、活性酸素の危険に晒されているのである。この話は詐欺だ。