健康常識100のウソ

  ○同じ食事をする夫婦の病気が異なる理由

  日本の医学会と医者が信じられない理由の1つを記したが、この著者自身も還暦の時に、目がかすむので大学病院の眼科に行ったところ、

  主任教授に「貴方の目は白内障で、あと2〜3年もすれば見えなくなるでしょう。見えなくなったら、また来てください」と、治療もせずに気の毒

  そうに言われた。当時(1961年)の医学では白内障の治療することが出来なかったのだ。しかし、今もこうして原稿を書いている。

  医者にそう言われて絶望感に襲われるよりも、自分の力で治してやろう、とやる気が湧いた。そして、着目したのが「栄養」だった。あらゆる

  生物は、外部からの栄養を補給することによって生命を保っている。障害が起きるのは、摂取してきた栄養に何らかの問題があるからに

  違いない、と考え、様々な独自の研究を重ね、白内障の原因がビタミンC不足にあると言う仮説を立て、ビタミンC、B、Bを注射で摂取した。

  とは言え、何十年も同じ食事をしている妻は白内障にかからず、夫だけが発症したのは、妻よりビタミンCを必要としているのではないかと仮定.。

  これが、現代の医学では全く注目されておらず「生体の個体差」であると考え、大量のビタミンCを摂取していけば、白内障の信仰を止められる

  のではないか、完全な失明は避けられるのではないか。口から入れるよりも注射のほうが吸収力が高いので、大量のビタミンCを摂取した。

  この体験からでも、医者の知識がいかに頼りないか、おおざっぱなものか分かるだろう。多くの文献にこの検証が記されている。

  人体を使って検証がなされにくいので、多くの医者の間で「常識」になっているマニュアルが」「非常識」になってしまうケースは少なくない。

  一旦ある治療法が定着してしまうと、それを疑うことなく、非常識の輪が広がってしまう。一方でMRIやCTスキャンなど、医療機器が進歩し

  現代医学が科学の最先端を歩んでいると言う勘違いする医者も増えている。使用する機械がいかに科学的であろうと、それは「検証」と言う

  作業とは別次元の話である。要するに多くの医者は勉強不足なのだ。新しい治療法や個体に対するアプローチを研究しようとしない。医者は

  膨大な知識を身につけねばならず、それに訪れる多くの患者に対応せねばならず、そんな実情を考えれば,医者を攻めるのも酷かもしれない。

  ○医学の常識は科学の非常識

  長年培われた医学界の常識を1朝1夕には変えられないだろう。ならば、我々が医学界の矛盾を正しく知ることが大事だ。不勉強な医者の治療

  によって引き起こされる病気を「医原病」と呼ばれる。TVの番組で見た39才のウエルニッケ脳症患者の男性の例も、非常に痛ましいものだった。

  ビタミンB不足のために記憶喪失や歩行困難などを起こすウエルニッケ脳症は新たな記憶が十数分しか持たないのが特徴だ。その患者は、

  胃の手術をした後、高カロリーの輸液を点滴で受けていたが、医者が輸液に必要なビタミンを入れなかったために、術後2ヶ月で発症してしまう。

  彼は、例えば買い物に行く道順は分かるが、数十分前に買い物に行った事を忘れてしまうのだ。毎朝、自分が記憶障害に陥ったことに初めて

  気ずき、息子の姿を見て「突然、背が伸びた」と驚く。胃の手術を受けただけで、このような症状に陥ってしまった患者に、かける慰めの言葉は無い。

  彼に限らず、強度のつわりや内臓手術などで、栄養剤の点滴を受けた患者がウエルニッケ脳症に例は少なくないという。ひどいつわりのために、

  栄養剤の点滴を受け、この症状に陥った女性は、発症後に長男を出産したが、出産時の記憶が失われているため、子供に愛情が持てないという、

  なんと痛ましい話であろう。続く