体力を増進させる食事

風邪と寒さには 便秘には
スタミナアップには 太りたい人には
精力増強には 夏バテには
二日酔いには 老化防止には

 ★ 風邪と寒さには                         戻る

   ◎メニュー:しゃぶしゃぶ   洋風おでん

      一言:風邪は主にウイルスや細菌が関係しています。予防と治療は日常の栄養補給による体力の増強が一番。

  ○食事のポイント

           十分なカロリーの下で、栄養のバランスの取れた食事、特に蛋白質と植物油、ビタミンA・Cをとります。

    熱があると食欲がおとろえがちですし、消化機能も低下し自然治癒力も落ちます。胃腸症状がなければ

    積極的に高カロリー、高蛋白質の食事をするように。

   <カロリー>体力回復の為に、食欲がゆるすかぎり十分なカロリーを取ってください。

   <蛋白質>発熱による体力の消耗を補うために、1日、60〜100g位必要です。十分な蛋白質をとると

          、とったカロリーの約30%に相当する熱が余分に発生することがわかっています。この熱は

          不思議なことに運動や力仕事に利用されず、もっぱら体を温めるほうに使われるのです。

          ですから、肉や魚が入っている鍋物などは、風邪や寒さにぴったりの料理です。

          料理そのものも温かい上に、体の中から、蛋白質の働きで、体を温めてくれるからです。

          また、感染から体を守る免疫体も作ってくれます。

   <脂肪>寒い国の人たちは実によく脂肪をとります。脂肪には甲状腺機能を高める働きがあり、これに

         より、基礎代謝が亢進して体の熱の産生をよくし、寒さに強くなるという仕組みが考えられます。

         植物油も寒さのストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの分泌を高めたり、感染症に対する

         抵抗力つけます。

   <ビタミン>ビタミンCは副腎皮質ホルモン作りに関係しますので十分に。Aは粘膜を強めるので大切です。

 

  しゃぶしゃぶ

       ● 材料(4人分)

    牛肉(脂のないところの極く薄切り)・・・・・300g       ごまだれ(絹ごしごま大さじ11/2、しょうゆ大さじ2、

           白菜(4枚)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300g       りんご汁・レモン各大さじ1、みりん・酒各大さじ1/2) 

     ねぎ(2本)・・・・・・・・・・100g                                          ポン酢(しょうゆとだいだいの汁2:1の割合)

     春菊(1束)・・・・・・・・・・300g                薬味(あさつきの小口切り、にんにくのしょうゆ漬けの

     えのきだけ(1袋)・・・・・100g                     みじん切り、もみじおろし)

           生しいたけ(6個)・・・・・80g

     春雨・・・・・・・・・・・・・・100g

    ●作り方

    @牛肉はやや大きめの一口大に切ります。

    A白菜は大きめのざく切り、ねぎは厚さ1cm位の斜め切り、春菊は葉先をつみ、えのきだけは根元の茶色い部分

     を切り除き、生しいたけは軸を取って傘に飾り包丁を入れます。

    B春雨は熱湯に通して食べやすい長さに切ります。

    Cごまだれとポン酢は、それぞれに材料を器に入れてよく混ぜ合わせます。

    D薬味を適宜用意します。なお、もみじおろしは、筒切りにした大根の中央に菜箸を突き刺して穴をあけ、その中に

    ヘタと種を取った赤唐辛子を詰め込んで、おろし金に切り口をぴったりつけておろすと美しい鮮紅色にでき上がります。

    E鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら、肉を1枚ずつ箸でつまんで浸し、しゃぶしゃぶとふるようにして熱を通して、

     表面が白くなったら好みのたれと薬味でいただきます。

    F肉を食べ終わる頃には、肉の旨みが汁に出て、そこに野菜を入れてさっと煮て、同じくたれと薬味でいただきます。

 

   洋風おでん

   ●材料(4人分)

    フランクフルトソーセージ・・・・・4本                      小玉ねぎ(4〜5個)・・・・・・・・・・200g

    牛ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・200g             ブロッコリー(1個)・・・・・・・・・・・150g 

    玉ねぎ(1個)・・・・・・・・・・・・・150g                             うずら卵・・・・・・・・・・・4個

    卵・・・・・・・・・・・・・1個                    スープの素・・・・・・・・・2個  

    にんじん(1本)・・・・・・・・・・200g              マーガリン大さじ1/2、パン粉1/4カップ、小麦粉、油大さじ2 

    じゃが芋(3個)・・・・・・・・・・・450g                             塩、こしょう、みりん、練り辛子

    ●作り方

    @ソーセージは斜めに切り込みを入れます。

    A玉ねぎはみじん切りにして、マーガリンできつね色になるまで弱火でよく炒めます。

    Bボールにひき肉、Aの玉ねぎ、溶き卵、パン粉、塩小さじ1/2、こしょう少々を入れ、手でよくこねて一口大の

     団子にし、小麦粉を薄くまぶします。

    Cフライパンに油を熱し、Bを入れて転がしながら回りに焼き色をつけます。

    Dにんじんはシャトー切り、じゃが芋は2つ割り位に大きく切って面取りし、水にさらし、小玉ねぎは皮をむきます。

    Eブロッコリーは小房に分け、ゆでて熱いうちに塩とみりん少々をふります。

    Fうずら卵にゆでて殻をむき、2個ずつ竹串に刺します。

    G深鍋に水10カップとスープの素を入れ、CDを入れてアクをすくいながら中火で20分位煮ます。

    HGの鍋にソーセージとEFの材料を加えて煮て、塩とこしょうで味を調え、練り辛子をつけて。

                                                   トップ