健康になる食事法と料理

肝臓を強くする食事法と料理 糖尿病に良い
動脈硬化を防ぐ 痛風に良い
高血圧を防ぐ 美肌を作る
食欲不振と胃弱に良い 貧血に良い
潰瘍と胃酸過多に良い  

   ★ 肝臓を強くする食事法と料理                                                     戻る

     ◎ 肝臓は”沈黙の臓器”といわれ、少し位の障害では症状は現れません。

      しかし、少しでも疲れを感じるようになったら、医師の診察、又、バランスのとれた食事をします。

      肝臓を強くする方法は高カロリーで、高たんぱく質、高ビタミン食が基本です。高カロリーといっても

      糖質の摂り過ぎは肥満の原因となるので油を上手に利用しましょう。

      たんぱく質食品を摂る時は、必ずビタミン、ミネラルが豊富な緑黄色野菜を十分摂りましょう。

        ○メニュー:焼き豚  大根と揚げ鶏のスープ  えびの辛味炒め  鶏もつとセロリのあえもの  にらと卵の炒め物

         牛ひき肉スープ  白身魚の北欧風  たこのイタリー風  豚バラ肉の角煮  鶏肉のアスパラ巻き

       肉団子と白菜の炒め煮  白身魚の潮汁  スペイン風ハンバーグ  韓国風あえもの  しらす干のかき玉汁

 

    1.焼き豚(牛肉に比べ10倍近くもビタミンB1を含みます。) 

      ●材料:(4人分)

        豚ロース肉(かたまり)・・・・・500g                 レタス・・・・・・・・・・・・・1株  

               ワイン(または酒)・・・・・・・・大匙2                 紅しょうが・パセリ・・・・各少々

               ねぎ(1/2本)・・・・・・・・・・・・50g                  塩・こしょう・油・バター、しょうゆ、酒、砂糖

      ○作り方

      @ 豚肉は太い木綿糸でしばって形を整え、これに塩、こしょう少々をすり込み準備します。

      A 厚手鍋を熱し、油大匙2をいれ、@の肉を転がしながら、周囲に焼き色をつけます。

      B Aの肉が色ずいたら、バター大匙1を入れて肉に照りをつけ、これにワインを入れて

         蓋をし、火を弱めてときどき転がしながら蒸し焼きにします。(竹串を刺し赤い肉汁が

         出なくなったら火が通っています)

      C 肉を取り出し、鍋の油を捨て、これにしょうゆ・酒、砂糖各大匙2をいれ、一煮立ちさせ

          たらBの肉を入れて強火で汁をからめます。

      D 肉を取り出し、薄切りにし、付け合せの野菜を盛り、Cの汁を肉にかけます。 

    2.大根と揚げ鶏のスープ(淡白な鶏を揚げることでカロリーを高め、野菜と一緒に柔らかく煮こんだスープ)

      ●材料(4人分)

      鶏ひき肉(2.5cm角切り)・・・・・・160g              調味料A(酒小さじ1、塩小さじ1/3、こしょう少々、片栗粉大さじ1

               大根(1/4本)・・・・・・・・・・・・・360g         調味料B(酒大さじ1、塩小さじ2、こしょう少々)

                にんじん(中1本)・・・・・・・・・・130g        衣(卵1個、水大さじ1、片栗粉大さじ3強)

                しょうが(1かけ)・・・・・・・・・・・10g         油

      ○作り方 

      @ 鶏肉はAをまぶし下味をつけます。

      A 大根、にんじんは乱切りにし、しょうがは薄切り、野菜は鍋に水7カップを入れた中に入れて煮立てます。

         揚げ油を180度位に熱し、肉に衣をつけて、白っぽく揚げて鍋に加え、Bで調味し、弱火で30分煮ます。

 

      ◎ 肝臓が悪いときには高カロリー、高たんぱく質、高ビタミンの食事を

       ★高カロリーにするには糖質食品より油を使い、炒め物、炒め煮、揚げ物、サラダなどを毎食1〜2品添える。

                ★高たん白質は食欲のないときは鶏レバー、ささ身、白身の魚、牛乳・乳製品、納豆、豆腐などを摂る。

       ★肝臓が疲れると食欲不振になりがちです。そんなときは、酢や香辛料を上手に利用した調理で食欲

         増進させます。香辛料は摂り過ぎない限り肝臓への悪影響はありません。

       ★料理の組み合わせはボリュームのあるこってりした料理には酢のもの。あっさりとした豆腐料理には

         揚げ物や炒め物などを。   

     1.えびの辛味炒め(独特の辛味とケチャップの酸味が食欲を進めます。ねぎやにんにくが消化吸収を助ける)

       ●材料(4人分)

       えび(大5尾)・・・・・・・・・・・・・・・400g                  豆板醤小さじ1/2、トマトケチャップ大さじ3、スープまたは

       しょうが・にんにく(みじん切り)・・各10g      水大さじ7、酒大さじ1、砂糖小さじ2、塩小さじ1/3、こしょう

       ねぎ(1/3本・みじん切)・・・・・・・20g        少々、酢小さじ1/2、水溶き片栗粉大さじ1、油大さじ5

                ○作り方

       @ えびは足、頭先、背わたを取り、2〜3つにきります。

       A 鍋を熱し、油大さじ2をいれ、@のえびの両面を焼き、別皿に取ります。

       B 油大さじ3をAの鍋に足し、豆板醤、しょうが、にんにく、ねぎを炒め、トマトケチャップを加え、更に

          よく炒めたらスープを加えます。

       C BにAを入れ、酒、砂糖、塩、こしょう、酢で味をつけ、水溶き片栗粉でとろみを。

     2.鶏もつとセロリのあえもの(ビタミンの豊富なレバーがおいしく、さっぱりと食べられる中国風の酢のもの)

       ●材料(4人分)

       鶏もつ(レバー、砂ぎも)・・・・・・・200g            しょうが(1かけ)・・・・・・・・・・・・20g

                 セロリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本            ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4本

       きゅうり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本            薬味ソース(しょうゆ大さじ5、酢小さじ1、 

       干しきくらげ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/3カップ                 砂糖小さじ1/2、ラー油小さじ2、ゴマ油大さじ1

                ○作り方

       @ ボールにソースの調味料を入れ、長さ1cmに切ったねぎ、せんぎりのしょうがを混ぜます。

       A 砂ぎもは、固いところは切り取って薄切りにします。レバーは脂や筋を取って一口大に切ります。

          熱湯をわかして、砂ぎもとレバーを九分通りゆで、熱いうちに@のソースに浸して味をしみ込ませます。

       B セロリ、きゅうりは斜め薄切り、もどしたきくらげはさっとゆで、水気を絞っておきます。

       C 器にBを盛り、Aをソースごとのせます。   

      3.にらと卵の炒めもの(ビタミン類の豊富なにらは強壮、強精の効果もある。卵と一緒に炒めました)

        ●材料(4人分)

         にら・・・・・・・・・・・・・・・・・2束            春雨(中国製のもの)・・・・・・・・・100g  

         卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・4個            油大さじ8、塩、こしょう

        ○作り方

        @ にらは5cm長さに切ります。

        A 卵は溶きほぐし、塩小さじ1/3を入れます。

        B 春雨は食べやすい長さに切り、湯に漬けて固めにもどし、水気を良く切っておきます。

        C 鍋をよく熱し、油大さじ4を入れて熱くしたらAの卵を一度に入れます。

           強火で手早く炒めて、炒り卵を作って別個に取ります。

        D 鍋に油大さじ4を熱し、にら、春雨、炒り卵を加え、塩小さじ1弱、こしょう少々で調味します。 

             4.牛ひき肉スープ(食欲のないときでも、とろみのついたスープは、スルッと食べられます)

        ●材料(4人分)

         牛ひき肉(良質のもの)・・・・・・・150g

                       下味用A(しょうゆ小さじ1/3、酒小さじ1、塩コさじ1/3、片栗粉小さじ1)

                          スープ(湯とスープの素2個でもよい)          卵白(溶きほぐす)・・・・・・・・2個分

         水溶き片栗粉・・・・・・・・・・・・・大さじ1 + 1/2     刻みねぎ・・・・大さじ3          塩・こしょう・・各少々

        ○作り方

        @ 牛ひき肉をAとよく混ぜ合わせ、約10分位おき下味をつけます。

        A スープを煮立て、この中に@をほぐしいれ、一煮立ちしたら、アクを除き、塩、こしょう少々で調味し

           水溶き片栗粉でとろみをつけます。

        B あらかじめ温めておいたスープ鉢に、刻みねぎと卵白を入れAのスープを注ぎ入れ軽くかき混ぜます。

 

       ◎ 良質なたんぱく質食品の肉、レバー、魚、卵、牛乳、チーズなどはぜひとりたい食品です。

          また、畑の肉といわれる大豆、大豆製品ー豆腐、厚揚げ、納豆、凍り豆腐なども。

          油は植物油ーごま油、大豆油、コーン油、べに花油、マーガリンなどを。

          ビタミン、ミネラルの宝庫である緑黄色野菜のほうれん草、小松菜、春菊、しそ、にら、ピーマン、

          にんじん、かぼちゃをたっぷりと摂りましょう。

     1.白身魚の北欧風(淡白で消化吸収のよいたらをレモンの酸味をきかせたマヨネーズであえました)

        ●材料(4人分)

          白身魚(生たら)・・・・・・・・・・・・400g

                     下味用(塩小さじ1/3、酒大さじ1、こしょう・小麦粉各少々)

          A・・・・・ピーマンのみじん切り・・・1/2個分       レモンの皮のみじんきり・・・・・小さじ1/2 

          ピクルスのみじん切り・・・小2本分       レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個分

          玉ねぎのみじん切り・・・・大さじ2        マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・・・1カップ

                               パセリのみじん切り・・・・大さじ1

          油大さじ4、塩・こしょう各少々      付け合せ野菜(くし形レモン4切れ、レタス・パセリ各少々) 

        ○作り方

         @ 生たらは一口大の薄切りにし、下味用の調味料に10〜15分浸し、下味をつけてから、小麦粉を

         A  フライパンを熱し、油を入れて@の魚を両面がきつね色になるまで焼き、別皿にとります。

         B   Aを混ぜ合わせて、Aの魚が熱いうちに加えて混ぜ、味を見て、塩、こしょうで味を調えます。

            2時間位味をなじませ、皿にレタスを敷き、レモンとパセリを飾って盛ります。

      2. たこのイタリー風(さっぱりした口あたりは、食欲を進めます)

                     ●材料(4人分)

         たこの足(「ゆでたもの)・・・・・・・・・300g         付け合せ野菜(パセリ・レモン・各少々)

                          塩・こしょう・レモン汁各少々、油大さじ1、刻みパセリ少々

       ○作り方

        @ たこは一口大のぶっ切りにし、塩、こしょう少々とレモン汁であえます。

        A 更に油、刻みパセリを加えてしばらくおき味をなじませます。

        B 器に@を盛り、付け合せ野菜のレモンとパセリを添えます。

      3.豚ばら肉の角煮(各種ビタミンを豊富に含む小松菜をたっぷり添えた、スタミナ十分の料理です) 

         ●材料(4人分)

          豚ばら肉(固まり)・・・・・・・・・・600g           煮汁用の調味料(しょうゆ大さじ2 + 1/2、酒・砂糖各大さじ1

          小松菜(1束)・・・・・・・・・・・・・300g               八角5粒、こしょう少々)

          ねぎ(1/2本)・・・・・・・・・・・・・30g        水溶き片栗粉大さじ1/2、油、塩、こしょう

                    しょうが・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g  

        ○作り方

         @ 豚ばら肉は4つに切り分け、たっぷりの湯で10分位ゆでます。

         A 鍋に4カップを入れ、@の肉をいれ、ぶつ切りにしたねぎ、薄切りのしょうが、煮汁用のしょうゆ、酒

            砂糖、八角、こしょうを加え、煮立ったら弱火にしてふたをし、3〜4時間柔らかくなるまで煮ます。

         B 柔らかくなったら強火にし、煮汁を煮詰め水溶き片栗粉でとろみをつけます。

         C 小松菜はさっとゆで、堅く絞って3cm位に切り、油で炒め、塩・こしょう少々で味を調えます。

         D 器にBを盛り、Cを添えます。                                  

 

      1.鶏肉のアスパラ焼き(たん白質が豊富で、肉の中では消化の良い鶏肉にねぎとしょうがの風味で)

        ●材料(4人分)

         鶏もも肉(2枚)・・・・・・・・・・500g                          グリーンアスパラガス・・・・・・・・・・・2本

                    下味用A(しょうゆ大さじ3、酒大さじ1、みりん大さじ3 + 1/2)    さやいんげん・・・・・・・150〜200g

                    ねぎ(1/2本)・・・・・・・・・・・30g                            B(おろししょうが小さじ1,しょうゆ大さじ1)

                    しょうが(1かけ)・・・・・・・・・10g   ゆでカリフラワー・・・・・1/2株   ケチャップマヨネーズ、塩、酒、油

       ○作り方

       @ 鶏肉は皮目にフォークで穴をあけ、Aに30分位浸しておきます。

       A ねぎは鶏肉と同じ長さに切り、縦4つ割りに切ります。しょうがは細切りに、グリーンアスパラは塩茹でに

       B さやいんげんはゆでて斜め切りし、Bであえます。

       C 肉の厚いところは横に包丁目を入れて左右に開き、酒少々をふり、Aのねぎ、しょうが、アスパラガス

         を芯にして巻き、糸で縛ります。

       D フライパンを熱し油大さじ2を入れ肉をころがしながら皮に焼き色を十分につけ、下味用Aに水を足して

         1カップにして加え、ぴったりと蓋をして、弱火で10分間蒸し焼きにします。

       E Dのふたをとり、強火にして汁をからませ、冷めてから2cm厚さに切り分け、串に刺して残った汁を

         かけ、B、カリフラワー(ケチャップマヨネーズかけ)を添えます。

     2.肉団子と白菜の炒め煮(柔らかく口あたりのよい肉団子を白菜と炒め煮したボリュームたっぷり)

      ●材料(4人分)

       豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・400g             水溶き片栗粉・・・・・・・・・・・・・・大さじ2     

       卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個              調味料A(塩小さじ1/3、しょうゆ・酒各大さじ1, 

       ねぎ(1/2本)・・・・・・・・・・・20g                                こしょう少々、片栗粉大さじ1、水大さじ1

                白菜(8〜9枚)・・・・・・・・・・400g                              調味料B(酒大さじ1、しょうゆ大さじ2 + 1/2.,

                干ししいたけ・・・・・・・・・・・・中3枚                         砂糖小さじ1、こしょう少々)

                                        スープまたは水2カップ、油 

      ○作り方

       @ ねぎはみじん切り、白菜は幅2cm、長さ7cmに切り、干ししいたけは水でもどして軸を取り、卵は割る。

       A ボールにひき肉、卵、ねぎを加え、Aを入れてよく混ぜて、4個の団子に丸めます。

       B Aを180度の油で、表面がキツネ色になるまで揚げます。(中まで火を通さなくてもよい)

       C 鍋を熱し、油大さじ4を入れ、しいたけ、白菜をさっと炒めてスープを加え、Bの調味料を入れ、

         一煮立ちしたらBを入れて中弱火で蓋をして20〜30分煮込み、最後に、水溶きの片栗粉でとろみを。

      3.白身魚の潮汁(魚のうまみを逃さずに調理した汁です)

       ●材料(4人分)

        白身魚のあら(斤目だいなど)・・・・・・200g          白髪ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

        昆布・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15cm長さ       塩、酒小さじ2

             ○作り方

        @ 魚は4、5cmのぶっ切りにし、ざるにのせ塩大さじ1くらいをふり1時間おいて、さっと熱湯をくぐらせ、

           水に取って手早く、血合い、うろこ、ぬめりを取ります。

        A 鍋に水5カップ、昆布、@を入れて、強火にかけ、沸騰してきたら昆布を取り出し、弱火にします。

           浮いてくるアクや脂をすくい取りながら20分位煮ます。

        B Aを塩、酒で調味して、温めたわんに盛り、白髪ねぎを散らします。 

 

             1.スペイン風ハンバーグ(おなじみのハンバーグだが、ケチャップ、しょうゆを使ってひと味プラス)

       ●材料(4人分)

        合びき肉・・・・・・・・・・・・・・・300g                            調味料A(しょうゆ・塩各小さじ1/2、トマトケチャップ

                      玉ねぎ…・・・・・・・・・・・・・中1 + 1/2           小さじ1、こしょう少々)    

                      溶き卵・・・・・・・・・・・・・・・1個分           ソース用調味料(トマトケチャップ1/3カップ、ウスター 

         パン粉・・・・・・・・・・・・・・・1/3カップ            ソース大さじ1、しょうゆ小さじ1、砂糖小さじ1/2、水大さじ3

                                                                                                                 油、小麦粉、さやいんげんのソテー

       ○作り方

        @ 玉ねぎ1/2個はみじんに切り、油小さじ2でキツネ色になるまで弱火で炒めます。

        A ボールに合いびき肉と炒めた玉ねぎ、卵、パン粉、調味料Aをいれ、ねばりが出るまで手でよく練り

          堅いようなら水1/3カップを少しずつ様子を見ながら加え混ぜ、4等分して小判型にまとめ両面に

          薄く小麦粉をつけます。

        B 厚手のフライパンを熱し、油大さじ1をいれAの肉を入れて中火で両面を焼き、まわりに薄切り玉ねぎ

          1個分をおいてふたをし、弱火で中まで火を通し、肉を取り出します。

        C Bにソース用調味料を入れて一煮立ちさせ、肉にかけ、さやいんげんのソテーを添えます。

          2.韓国風あえもの(すりごまやごま油で栄養価を高め、にんにくなどの香味が食欲を増進。消化吸収もよい)

       ●材料(4人分)

        ほうれん草(1束)・・・・・・・・・・・・300g             調味料A(しょうゆ大さじ1、ごま油大さじ1,白すりごま小さじ2)

                   大根(1/4本はせん切りに)・・・・300g             調味料B(酢・砂糖・白すりごま・ごま油各小さじ2、唐辛子粉

        もやし(一袋)・・・・・・・・・・・・・・・250g    小さじ1/2)      調味料C(ごま油大さじ1、すりごま小さじ2)

                    牛肉(細切り)・・・・・・・・・・・・・・50g      調味料D(しょうゆ・白すりごま各大さじ2、砂糖小さじ1)

                    ぜんまい(ゆでて長さ5cmに)・・200g    にんにく(みじん切り)小さじ1/2、塩、ごま油大さじ1、錦糸卵

       ○作り方

        @ ほうれん草は塩少々を入れた熱湯でさっとゆで冷水に取って堅く水気を絞り3cm長さに切りAであえます。

        A 大根は塩小さじ2/3をふり、しんなりさせてから、堅く水気を絞り、Bであえます。

        B もやしは塩小さじ1/4を入れた熱湯1/4カップで、蓋をしてゆでて水気をきり、Cであえます。

        C 鍋を熱し、ごま油でにんにく、牛肉、ぜんまいを炒めDで味つけます。

        D @、A、B、Cを皿に盛り、錦糸卵を天盛りに。

     3.しらす干しのかき玉汁(さっぱりしたしらす干しの卵とじは、油っこい料理とよく合います)

       ●材料(4人分)

        しらす干し(さっと熱湯をかける)・・・・・大さじ4    だし汁4カップ、塩小さじ1、しょうゆ少々、三つ葉適宜 

                    溶き卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個分

       ○作り方

        @ だし汁に塩、しょうゆを加えて一煮立ちさせ、しらす干しを加え、卵を手早く流しいれてざっとかき混ぜ、

          蓋をして1〜2分蒸らすように煮て、三つ葉を散らします。

                                                    トップ