戻る

日本型食生活の生まれた背景と定義

私たちの食生活は、日本の伝統的食生活パターンである「ごはん」を中心として、大豆、野菜、魚など国内で生産、捕獲される素材を用い、しょうゆ、みそ、だしなどにより

調理、味付けされた副食を組み合わせるものが典型的でした。しかし、このようなパターンに畜産物や油脂類の消費も増えてきました。その結果、昭和50年頃には、主食

であるお米を中心として畜産物や果実などがバランスよく加わった、健康的で豊かな食生活「日本型食生活」が実現しました。


昭和55年に農政審議会はその答申の中で、欧米諸国と比較して優れたバランスを持つ日本型食生活の優れた点が評価され、栄養的な観点はもとより、総合的な食料

自給力維持の観点からも、日本型食生活を定着させる努力が必要とする提言が行われました。この答申を受け、昭和58年3月に「食生活懇談会」から「私達の望ましい

食生活−日本型食生活のあり方を求めて」と題する、以下の8項目からなる提言がまとめられました。

 

(1)総熱量の摂り過ぎを避け、適正な体重の維持に務めること


(2)多様な食物をバランスよく食べること


(3)お米の基本食料としての役割とその意味を認識すること


(4)牛乳の摂取に心がけること


(5)脂肪、特に動物性脂肪の摂り過ぎに注意すること


(6)塩や砂糖の摂り過ぎには注意すること


(7)緑黄色野菜や海草の摂取に心がけること


(8)朝食をしっかりとること

 


   最近の動向

 

 なぜ日本型食生活が崩れてきたのでしょうか。


 その後は、お米の消費が減少する一方で、脂質の消費が年々増加しており栄養バランスの崩れが見られ、肥満や糖尿病などの生活習慣病の増加が問題となっています。


 肉食中心の欧米の食事は、オリンピックの成績をみても分かるように、体力や筋力をつけ、大きな体型をつくる面ではよいのですが、一方で高脂肪・高コレステロールに

 よる障害が問題となります。心筋梗塞や狭心症などの文明病の恐怖が社会問題となっています。